光る原人

ゲーム攻略を生業とするブログです。

ネタバレ全開のドラクエ11プレイ日記part19

f:id:xx_mar0_xx:20170803002226j:plain

ドラクエ11ネタバレプレイ日記19弾です。今回は主人公の故郷ユグノアに出向き、過去の回想シーンをプレイしていきます。

これによって、物語の謎めいていたオープニングの秘密が明らかになるでしょう。過度なネタバレがありますので、閲覧注意願います。

 

 

海に出るやいなや魔物が登場

f:id:xx_mar0_xx:20170802230528j:plain

シルビアが仲間になったので、同時に船も手に入りました。これで海路を進んで新たな地へと向かおうという流れになっています。

早速モンスターに襲われてしまったのですが、このモンスターってあれじゃないですか?主人公が魔王にやられて魚の姿で目が覚めたときに、あの人魚の国を滅ぼしにきた魔物じゃないかと。

どうやらオーブを手にしているようで、それによって力が増しているそうです。この展開、ドラゴンボールGTみたい。

 

目が覚めると、そこは????

f:id:xx_mar0_xx:20170802230939j:plain

魔物に襲われたあと、船から投げ出されてしまった主人公。気が付いたら夢のような世界にいて、そこには預言者を名乗る人物がいました。この人物がカミュにアドバイスをした人物ですね。

モシャスのようにして姿を自由自在に変化させられるという特徴を持った面白い人物でしたが、ここでの絡みは大したことがなかったので次に期待です。

f:id:xx_mar0_xx:20170802231735j:plain

早い話が、漫画なんかでよく死んだときの演出として「お前が来るにはまだ早い」とか言って、現実世界に返される演出があるじゃないですか?まさにあんな感じ。

個人的な予想としては、このあとでどうしても手がかりの掴めない何かに行き当たった際に、この預言者を頼ることになるんじゃないかと思っています。現時点での私の中では占いババ的なポジションの人物という予想です。

このあと目が覚めると、とにかく「ネルソンの宿屋に行ってみよう」という流れになるので、とりあえず向かいます。

 

ネルセンの宿屋で見た夢

f:id:xx_mar0_xx:20170802232521j:plain

ネルソンの宿屋では、成仏しきれてない戦士があがいているというような夢を見ました。誰かが来るのを待っているような感じ。そして甲冑の紋章がユグノアのものだということなので、恐らく主人公の父親なんじゃないかと思います。

主人公の父親は婿という情報しかまだ出てきていないような気もしますが、妻と子を脱出させるために命を張ったと思うので、そのへんの状況が明らかになるのかなぁと。

 

いざユグノア城跡へ

f:id:xx_mar0_xx:20170802233157j:plain

やはり戦士の正体は父親のアーウィンでした。勇者として生まれた最愛の息子が生まれて間もなく魔物に襲われて、城も家族も失ってしまったわけですから、その無念たるや計り知れません。

ここから回想シーンへと突入し、例のオープニングの日に何があったのかが徐々に明らかになっていきます。

 

回想シーン

4ヶ国会議

f:id:xx_mar0_xx:20170802234210j:plain

王=ヒゲなんですかね。でも非常に優しそうな父親です。

このあと4ヶ国会議にて、各国の王様に主人公をお披露目するんだそうです。ちなみに4ヶ国というのは、この国と砂漠の国(しょうもない息子のために馬レースやったりサソリを倒したりしたとこ)と雪国(氷漬けにされたとこ)と憎きデルカダールですね。

そしてこの4ヶ国会議は、オープニングにあった例の日になります。セリフが無かったあの意味深な会議の場です。

f:id:xx_mar0_xx:20170802234738j:plain

こちらは初めて目にしましたが、雪国の王様です。現代では即位してしまっていて、娘が女王として王位を継承していましたね。

鼻の感じがドワーフっぽいですが、この場ではアーウィンをドッキリに嵌めてきたあたり、第一印象は最悪っす。

f:id:xx_mar0_xx:20170802234928j:plain

そしてこちらが全ての元凶、デルカダール王です。「こいつが始まり」だと思っているせいか、目つきもムカつく感じですが、現時点ではまだ操られておらず、至って普通の国王です。

アーウィンも慕っていましたし、ロウとも仲良く喋っていました。これがどのタイミングで魔王にとりつかれるのでしょうか。

 

急に魔物が攻めてきた

f:id:xx_mar0_xx:20170802235317j:plain

急に魔物が攻めてきましたが、この世界では特に珍しいことでもないようです。

名前忘れちゃいましたけど、とある国は魔物の猛攻で潰されたという話ですし、会議の場でも徐々に魔物の数が増えてきたことを懸念する声がありましたし。

第一段階はデルカダール王が助けてくれたので、アーウィンとエレノア、マルティナ、主人公の4人で裏からの脱出を試みます。

f:id:xx_mar0_xx:20170802235846j:plain

第2段階でアーウィンが足止めしている間に残りの3人を逃します。結局、このあとでこの3人は逃げ切れず、エレノアがまた足止めをすることで結果的に残りの2人は助かるんですよね。マルティナはロウに保護されて、主人公はイシの村に流れ着くと。

 

アーウィンの死

f:id:xx_mar0_xx:20170803000534j:plain

アーウィンも魔物を倒したら先に逃した3人を追いかけて保護してやれば良かったのに、デルカダール王の声を聞きつけて城内に戻ってきました。

すると魔王がデルカダール王に乗り移ろうとしている最中に、出くわすこととなります。これを見る限り、デルカダール王は全く悪くないっすね。どの王でもあり得たことと言えそうです。

f:id:xx_mar0_xx:20170803000520j:plain

そして魔王に取り憑かれたデルカダール王はアーウィンを殺し、その直後に駆けつけてきたグレイグに「アーウィンに襲いかかられた!勇者のせいだ!」とチクるという流れみたいです。

このセリフはアーウィンが瀕死の状態で聞いていたようで、そういうのもアーウィンが亡霊となった要員の1つなのかもしれません。

ただこうやって見ると、グレイグって相当年上ですね。しかも20年近く経っても見た目がほとんど変わってない。それを言ったらデルカダール王もそうか。

ちなみにスクショは撮り忘れましたが、ロウは見た目的にはしっかりと王族をやってましたよ。

 

感動の再会

f:id:xx_mar0_xx:20170803001500j:plain

アーウィンが成仏しかけた際に、束の間の対面が叶いました。ドラクエ5のパパスや本作の育ての母親は大人になった主人公に気が付きませんでしたが、アーウィンはしっかりと息子だと理解したようです。

このあとアーウィンは成仏し、主人公には再び勇者としてのチカラが宿ったとのこと。そしてまた仲間集めへと進みます。

 

動画を見る

 

最後に

ようやくオープニングの全貌が明らかになりました。ここはかなりスッキリした回ですね。父親もいい人そうでしたし、デルカダール王も実はイイ人だったということで安心しました。

今回は誰も仲間にはできなかったので、ちゃちゃっと仲間を集めて先に進みたいと思います。

【次の日記】

ネタバレ全開のドラクエ11プレイ日記part20 - 光る原人