光る原人

光る原人

ゲーム攻略を生業とするブログです。

【FF15】ファイナルファンタジー15プレイ日記part4【ネタバレ】

f:id:xx_mar0_xx:20161201115019j:plain

さて、今回はいよいよ将軍様に会って「事の真相」を教えてもらえるチャンスです。なぜ停戦協定が反故にされたのか、なぜ陛下が死ななくてはならなかったのか、なぜノクトが死んだことになっているのか。

疑問は数多くありますが、なにより「あんたは何をしてたんだ?」って意味で非常に気になる部分です。前回のお使いでだいぶ少なくなったガソリン(満タンでも10ギル)を入れて、さっそく次の街へと向かいましょう。

 

【前回のプレイ日記はコチラ】

【FF15】ファイナルファンタジー15プレイ日記part3【ネタバレ】 - 光る原人

 

 

~荒野の野営地&王の墓所

あかん、覚えられん・・・

f:id:xx_mar0_xx:20161201120028j:plain

まず「この人ダレ?」ってのもありますし、この人との会話にでてくる『イリス様』ってのも誰なのかサッパリ。これまでに名前が登場してると思うんですけど、完全に忘れています。グラディオラスの妹の名前ってイリスでしたっけ?もうね、普通の会話で「〇〇に行こう!」とか言われても「なにそれ?何処のこと?」ってなっちゃうんですよ。年は取りたくないですね。

 

デイヴ再登場

f:id:xx_mar0_xx:20161201120741j:plain

また「ドッグタグを集めてくれ」とか言ってきました。恐らくですが、この調子で世界中に渡って付きまとわれるのではないでしょうか。すごい執念みたいなものを感じますよ。

とりあえずストーリー的に先に進む方が推奨レベルも低かったので、ドッグタグ集めは一旦スルーの方向で。後で気が向いた時にやりたいと思います。

 

鳥系の敵

f:id:xx_mar0_xx:20161201121256j:plain

将軍様の元へ向かう道中、空を飛ぶ鳥タイプの敵が登場しました。銃とか魔法で攻撃するのがいいんでしょうけど、なにも考えずにシフトブレイク(武器を投げつけて飛んでいくやつ)をしたらそれが空振って、結果的に高い所から落ちるハメになり落下ダメージを喰らいました。これはひどい。

しかも普通に敵から攻撃される以上のダメージを負ったので、むやみやたらにシフトブレイクするのは危険だと言えそうです。ちなみに黙ってても、敵が攻撃してくるタイミングで攻撃をヒットすることができるので、わざわざ遠距離武器を用意することもなさそうですよ。

 

将軍と対面

f:id:xx_mar0_xx:20161201122042j:plain

このダンディズムが将軍だそうです。たぶん1番最初に陛下の隣にいて、ノクトたちを見送ってくれた人っぽいですね。そして話を聞いていたら「あー、そういうことか!」と少しスッキリしたんですけど、陛下はどうやら「自国が攻められるのを知っていて、息子たちを旅に出させるという名目で外に送り出した」ようですね。

ハッキリとは言えませんが、下民ども街の人たちも逃がしたことで、街に人が少ないことを悟られないように城での決着を望んだってことなんじゃないでしょうか。それによって救われた民のうちの1人が、先ほど出てきたイリス様ってことじゃないかと。

いずれにせよ、なんで将軍様が無事なのかについては語られなかったので、何かありそうな気がしなくもないんですけどねー。とりあえず陛下がノクトたちを助けようとしたという話のくだりで「王としてではなく、父親として」って部分になんか親子愛を感じました、はい。

 

将軍つえぇ・・・

f:id:xx_mar0_xx:20161201122755j:plain

これから「王家の墓を巡ってチカラを手に入れよう企画」がスタートしました。それに伴って「オレも同行しよう」とシャシャリ出てきたのは、素性の知れない将軍様。ノクトたちには慕われているようですけど、私からしたら「お前は陛下を置いて逃げてきたのか?」という嫌味の1つも言いたくなってしまうってもんです。

「同行とか言いながらもどうせNPCキャラ的な扱いなんでしょ?」とか思ってたら、まさかの右下にゲージ登場&桁違いの強さに唖然としました。・・・なんか無礼なこと言ってすみません。きっと将軍様も大変だったんですもんね、わかります。

 

~キカトリーク壍壕跡

途中の廃墟

f:id:xx_mar0_xx:20161201123759j:plain

これ見てください。次の目的地に向かう途中、帝国兵がたむろしててそこでバトルになるんですけど、すごい兵器があってFPSさながらの銃撃が可能になっていました。しかも帝国兵には接近戦担当のやつと狙撃兵が多数いるので、前回のこともあり少し不安だったんですが、将軍様が強すぎるおかげで全く苦戦しませんでした。

途中の会話では、将軍がバトル内容を褒めるセリフがあったりもして、それに対して主人公たちが喜んでたりしていたので、かなり慕われているみたいです。こんな人が黒幕なワケないか。

 

VS 魔導アーマー

f:id:xx_mar0_xx:20161201125250j:plain

結構強そうな魔導アーマーが出ました。正直「迂回して次行こう!」くらいの感じだったんですけど、将軍様が「お前らのチカラを見せてみろ」的なことを言い出すもんで、半ば強制的にバトルするハメに。将軍様が強すぎるのもあって大した苦戦はしませんが、倒した後の爆破に巻き込まれるとHPが一気に0になるので注意が必要です。

というか魔導アーマーとか懐かしい。FF6でティナが乗ってたのも確か魔導アーマーでしたよね。残り2人の兵士の名前って・・・確か片方がザックスだったような。まぁいいや、次行きましょう。

 

キカトリーク壍壕跡に到着

f:id:xx_mar0_xx:20161201125924j:plain

到着するや否や、将軍様が「俺は別行動をするから、ここからはお前らだけで行け!」的なことを言い出します。いやー、これは大誤算!こうなるのがわかってたら、将軍がパーティーに居る状態でガッツリレベル貯めてたのに。日が暮れてきたという焦りもあって、一気に目的地に向かってしまいましたよ。・・・残念すぎますわ。

今思えばシガイが出てきても将軍様がいれば何とかなるような気もしなくもないんですけどね。そこまで頭が回らなかったです。

 

f:id:xx_mar0_xx:20161201131403j:plain

洞窟内はこんな感じです。コウモリ的なモンスターが出てきてもおかしくないような雰囲気をひしひしと感じます。

 

f:id:xx_mar0_xx:20161201131608j:plain

途中に発電機があるのでそれを作動させれば視界もだいぶ良くなって進みやすくなりました。誰が何のためにこんな設備を作ったのかは謎ですが、とりあえずありがたいです。

 

プロンプトがうるさい

f:id:xx_mar0_xx:20161201132042j:plain

私はホラーゲームがあんまり得意ではないんですけど、FFシリーズのようなファンタジーな世界観ではあまり恐怖心がないので、バイオハザードで上記画像のような洞窟を探索するとなればビビりまくりでも、FFでは普通にプレイできるんですね。それなので、いちいちプロンプトが大きな声を上げる演出がウザったかったです。

途中からは音楽も恐怖心を煽るような感じに変わって「あー、これ絶対いいタイミングで灯り消えるな・・・」なんて思ってたら案の定です。そしてプロンプトが騒ぐ的な。誤算だったのはゴブリン数体がオマケでくっ付いてきたということでしょうか。やっぱ攻撃ゴリ押しよりも、適度にパリィを成功させて戦った方が楽&安全ですね。

 

歴代の王のチカラを取得

f:id:xx_mar0_xx:20161201135615j:plain

ここに来るまでの途中に、サソリのでっかいやつみたいなモンスターが出てメチャクチャ苦戦しましたけど、なんとか辿り着くことができました。というか、私の戦闘センスの無さったらないです。普通に中ボス戦っぽいのが起こるたびに死にかけてますから。

ところで、防具って概念は今作にはないんですよね?武器は強化できても防具がないので防御に関してはレベルを上げるか、自分自身の戦闘スキルを磨くしかないと思ってるんですけど・・・。もしかして私が知らないだけで「は?防具買わないでやるのしんどくない?」とか言われたりしません?そのへん大丈夫?

 

最後に

f:id:xx_mar0_xx:20161201141558j:plain

洞窟を出たら、将軍らしき人物から電話がきて、なにやら「西の方の封鎖戦に帝国兵がいるから潰してこい!」的なことを言われました。おいおい、勘弁してくれよ。ちなみに王のチカラを手に入れたあとは、自動で洞窟の入口まで戻るかどうか選べます。

この後は荒野の宿営地に戻ってモニカ(イリス様がどーのこーのと教えてくれた女性・・・のことだと思う)に話を聞いて、帝国軍に道を完全に封鎖される前に潰すと。いやー、バトルがしんどくなりそうなんで、適度にレベルを上げてから向かいたいと思います。

次回のプレイ日記はレベルを上げた状態で始めたいと思いますので、よろしくどうぞ。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。それではっ!

【次のプレイ日記】

【FF15】ファイナルファンタジー15プレイ日記part5【ネタバレ】 - 光る原人

スポンサーリンク