光る原人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光る原人

ゲーム攻略を生業とするブログです。

ウォッチドッグス2のトロコンの鬼門「ホールドマイヘアー」について

f:id:xx_mar0_xx:20170103223818j:plain

(2017/1/6内部リンク追記しました)

 

ウォッチドッグス2は比較的トロコンが楽な部類だと言われています。確かにストーリーを進めているだけでもポンポン「トロフィーを取得した」というメッセージがポップアップで出ますし、内容を把握したうえで意図的にやれば簡単に獲れるものばかりです。

その中に幾つか「ん?」と思うようなものもあるのですが、個人的には「ホールドマイヘアー」という「吐いている人の写真を撮る」という条件のトロフィーがプラチナトロフィーを取得するうえで最大の鬼門だと思いました。

「そもそも吐いている人を写真に撮ってどうすんの?」とか言いたいことは一杯あるんですけど、今回は「どうすればホールドマイヘアーが獲れるか」について、私が取得した方法をプレイ日記形式にて詳しく書いていきたいと思います。

 

 

吐いてる人と言えば・・・

最初、これ普通に勘違いしてまして「人を殴って吐かせる」だと思ったんですよ。ところが何人殴っても吐かないですし、次々に通報されて逃げ回るのに飽きてきた頃、ようやく「飲み屋とかあるのかな?」と思ったのが転機でした。しかし探せど探せど「コーヒーショップ」だけなんですよね。諦めてリサーチポイント巡りをしてたんです。そしたら・・・。

f:id:xx_mar0_xx:20170103230155j:plain

バーがあった♡(マリン)

運良く隣のリサーチポイントが未解決だったこともあり、救われたカタチでバーを見つけることに成功し、「絶対ここでしょ!!」ということで、早速ファストトラベルにて訪問。この段階では「吐いている人は多いけど、それをタイミングよく写真に撮れない」という難しさだと思っていたので、吐いている人が全くいないということに対して強い不信感みたいなものが芽生え始めたんですよね。

f:id:xx_mar0_xx:20170103230825j:plain

何回往復してもこの絵ばかり見るハメになりました。そこで思ったんです。「この時間帯がダメなんじゃないか?」と。得てして日本国内においても、居酒屋付近で吐いている人を写真に撮ろうと思ったら「深夜~朝方にかけてのゴールデンタイム」に張り込むというのは基本中の基本じゃないですか?

f:id:xx_mar0_xx:20170104004433j:plain

・・・うん、多分ですけど時間帯と天候は関係ないですね。

 

ほかのバーへ

本作には大きく分けて「マリン」「オークランド」「サンフランシスコ」「シリコンバレー」という4つの地域があるので、「なにもバーはここだけじゃないだろう」と思ったんです。治安の良い所もあれば悪い所もあるわけで、バーにも大なり小なりあると思うんですよ。というわけで、他のバーを探してみたところ・・・。

f:id:xx_mar0_xx:20170103232448j:plain

オークランドにあった( *´艸`)

早速飛んでみたところ、いきなりですよ!

f:id:xx_mar0_xx:20170103232734j:plain

わかりますか?ビール瓶みたいなのを持ちながらのフラフラ状態です!もうずっと近くを歩いて吐くのを待ちました。リアルタイムにして30分はストーキングしましたかね。結果、メチャクチャ酒豪だったのか吐くことはなかったです。

f:id:xx_mar0_xx:20170103233059j:plain

途中、いつ吐いてもいいように常に自撮り状態でストーキングしてたんですが、全然吐く気配を見せないんですよね。しかもトロフィーの条件が自撮りじゃなかったので、カメラを切り替えたら「普通にポーズを取られる」っていうね。これ注意してください。カメラを向けるとポーズをとって、今までフラフラになって歩いてたのに、その後は何もなかったかのようにスタスタ歩き始めますんで(笑)

 

ファストトラベル繰り返し

その後もフラフラな人をターゲットにファストトラベルしては捜し、ファストトラベルをしては捜し・・・ということを何度も繰り返したのですが、結論から言うと「現在進行形で飲んでる奴は吐かないんじゃないか?」という結論に達しました。

f:id:xx_mar0_xx:20170103233753j:plain

上記画像はオークランドのバーにファストトラベルしたときのすぐ後ろの場所なんですけど、結構な高い頻度で豪快に飲んでる人がいます。そして近付くと愚痴り始めるんですよ。最初見た時は「これはイケる!」と思いました。しかし、待てど暮らせど一向に吐く気配はありませんし、気付くとふと我に返って普通に歩き始めます。

f:id:xx_mar0_xx:20170103234124j:plain

ここのポイントは本当に泥酔客が多いんですけど、まず吐きません。たぶん吐かないんじゃないかと思います。ここだけで5人くらいずっと眺めてましたけど、まったくのノーリアクションでしたから。「近くにいると吐かないんじゃないか?」とか「カメラをスタンバってないと吐かないんじゃないか?」とか色々と検証してみましたけど、全く手応えがありませんでしたね。

 

ギブアップして攻略サイトへ

個人的にも攻略記事を書いている人間のはしくれとして、人の作った攻略記事を参考にするなんてしたくないんですけど、本作は私がプレイするのに出遅れたということもあって、ここで力を借りることにしました。すると・・・。

f:id:xx_mar0_xx:20170103234911p:plain

http://gametter.com/watchdogs2/TIPS_C_06.html

・・・私が試していた方法と同じことが書かれていました。少なくとも方法は間違っていなかったようですが、この時点で私は3時間近くずっとやってたので、いくら「その方法で合ってますよー」と言われても、やる気がしなくなったというのも事実でして・・・。

ただ、実際にYoutubeで動画をアップしている外国の方の動画なんかを見ていると、メチャクチャ吐いてるんですよね。面白いくらい吐いてます。だから自分を納得させる方法として「海外版だとここで吐きやすい」とか「パッチ対策されたんじゃないか?」と思うことで、なんとか納得しました。

 

ポイントは別にもあった

(動画はYoutube、投稿者:すた様)

以下に文章でも情報を追記してまとめてますが、参考にしたのはコチラの動画です。タイトルに「確実に取れる」って書いてますんで、実際にやってみました。最初の数回は全く吐く雰囲気がなく「完全に釣られた!」と思ったんですけど、結果から言うとトロフィーはここでしっかり獲れました。

f:id:xx_mar0_xx:20170104000729j:plain

場所はコチラの「サン・ブルーノ山」にあるリサーチポイント付近です。リサーチポイントが取得済みで表示されない人も、上記画像をヒントに行けば公衆トイレだけがある場所なのですぐにわかると思います。南西にあるモトクロスレースにファストトラベルすると、近くで何かしらの車両が手に入ると思うので、それに乗って山(丘)を駆け上がりましょう。

f:id:xx_mar0_xx:20170104000357j:plain

少し遠目に見るとこんな感じです。ぽつんとトイレだけがあって、そこには1人の人影が。ちなみに上記画像の時は、遠くでバイクを降りて自力で走ったせいで到着が遅れたせいなのか、もしかすると既に吐いた後だったのかもしれません。現場に到着するや否やスタスタ歩いて消えて行ってしまいました。

f:id:xx_mar0_xx:20170104001819j:plain

テイク2はコチラ。明らかに「トイレに誰かが入っていて、それを待っている人物」のような縮図が見てとれます。ちなみにここでは恐らく吐いたと思われますが、体全体がトイレにめり込んでしまって、写真を撮ることはできませんでした。

f:id:xx_mar0_xx:20170104002237j:plain

結果、5回目くらいの挑戦で撮影に成功し、見事トロフィーゲットです。個人的な感想としては「吐くor吐かない」については、ある程度の発生率が設けられているんじゃないかということを強く感じました。うまくやっても百発百中というものでは無さそうなんですよね。

車両で乗り付ける位置については、結構近めでもいいような印象です。あまり近付きすぎると脅しになってしまうので、上記画像のような写真が撮れる位置の少し手前で降りると安全だと思います。あとは壁にめり込まないことを祈るのみですかね。

 

最後に

とりあえず上記の方法でトロフィー「ホールドマイヘアー」の取得に成功しました。バーで張り込んでも取得できないという人は、コチラの方法を試してみてはいかがでしょうか。私はバーで撮影することができなかったので、コチラのサン・ブルーノ山のポイントをオススメします。

 

【メインオペレーション攻略】

ウォッチドッグス2のメインオペレーション攻略1 - 光る原人

ウォッチドッグス2のメインオペレーション攻略2 - 光る原人

ウォッチドッグス2のメインオペレーション攻略3 - 光る原人

【トロフィー攻略】

ウォッチドッグス2のトロコン達成!プラチナトロフィーは割と簡単でした - 光る原人

ウォッチドッグス2の重要データの場所、攻略情報まとめ - 光る原人

スポンサーリンク