光る原人

光る原人

ゲーム攻略を生業とするブログです。

【ウイニングポスト8 2017】プレイ日記#6 1995~1997【PS4】

f:id:xx_mar0_xx:20170308174709j:plain

遂に自家生産馬での牝馬3冠が誕生しました。それと同時に、実際にレースを見ていた時期に差し掛かってきたこともあり、どの馬が走るのかが先読みできて無双状態になっています。楽しい反面、贅沢な悩みを抱えることに。というわけでプレイ日記#6です。

 

 

1995

幼駒セール

f:id:xx_mar0_xx:20170307191655j:plain

特記事項はありません。

 

トレセン

f:id:xx_mar0_xx:20170307204213j:plain

  • タイキシャトル:9億
  • シーキングザパール:8億
  • ブラックホーク:7億

今回のトレセンは大当たりですね。とりあえず大金をはたいて上記の3頭は購入しました。タイキシャトルは実際に馬券でもだいぶ勝たせてもらった記憶があって思い入れのある馬なので、大事に使っていきたいと思います。ちょっとシーキングザパールと距離的にかぶるような気もするんですけど、まぁ上手く使っていきたいです。

 

ナリタブライアンら有力馬が引退

f:id:xx_mar0_xx:20170307210914j:plain

もう1年やろうと思えばやれたんでしょうけど、引退させます。ダービーを落として3冠ならず、最後の有馬記念でマヤノトップガンに負けて秋古馬3冠ならず・・・メチャクチャやり直したいっす。海外挑戦しても面白いのかとも思いましたが、欧州にはラムタラがいたので回避しました。挑戦してみても面白かったかもしれないですね。

f:id:xx_mar0_xx:20170307211225j:plain

トロットサンダーもかなり頑張ってくれました。距離が1300~なので少し抵抗はあったものの、しっかり1200でも結果を出してくれましたし、概ね満足です。ヤマニンゼファーやジュニインとかぶった時期もあったため雑に使ってましたが、それでも安定の10億超えは流石です。

f:id:xx_mar0_xx:20170307211643j:plain

意外と優秀だったのがウイニングチケットです。距離的に国内3冠を諦めたんですけど、海外でメチャクチャ走ってくれました。かなり安定して勝ち続けてくれた印象で、海外で走らせたせいで賞金はそこまで高くありませんが、非常に優秀な馬だと思います。

f:id:xx_mar0_xx:20170307212203j:plain

最強だったのがヒシアマゾンです。最後の有馬はナリタブライアンに勝たせる気満々だったので、エリザベス女王杯を最後に引退させましたが、とにかく強かったですね。国内牝馬3冠とオークス3冠をダブルで狙えると思います。

 

来年の布陣

f:id:xx_mar0_xx:20170307213741j:plain

f:id:xx_mar0_xx:20170307213753j:plain

サイレンススズカの使いどころに悩むんですけど、とりあえず保護したい一心で購入しました。マイルでタイキシャトル、スプリントでシーキングザパール、そこに合わせてブラックホークを上手く使いつつ、ダートはメイセイオペラに任せます。

できればメジロドーベルで牝馬3冠狙いたいんですけど、厳しいですかね。ステイゴールドは海外専門で使っていこうと思います。すでに走っている現役馬も豪華なので、贅沢過ぎるラインナップですけど、来期はこれで。

 

1996

幼駒セール

f:id:xx_mar0_xx:20170308092322j:plain

何と言ってもテイエムオペラオーです。8億で落札に成功しました。縛りプレイをしている以外は購入することをオススメします。

 

トレセン

f:id:xx_mar0_xx:20170308110522j:plain

  • グラスワンダー:7億円
  • エルコンドルパサー:7億円
  • アグネスワールド:9億

一方コチラも宝の宝庫です。エルコンドルパサーに関しては問答無用で獲得をオススメできますし、グラスワンダーとスペシャルウィークを保有しておけば3冠は堅いんじゃないかと思います。

アグネスワールドはスプリントなので、タイキシャトルを抱えている身としては悩み所ですが、一応買いました。金額が結構いったので、タイキシャトルを所有している場合は無理に買わなくてもいいかもしれません。

 

アイドリームドアドリーム&ロジータら繁殖牝馬

f:id:xx_mar0_xx:20170308113939j:plain

エアデジャヴーが産まれていたのを知って完全に忘れていたのが、繁殖牝馬のアイドリームドアドリームの存在です。1年前に購入しておけば、エアデジャヴーとエアシャカールが手に入ったんですけど、完全に忘れていました。というわけで、今年購入。

f:id:xx_mar0_xx:20170308114456j:plain

そしてロジータもカネツフルーヴを産むので、先取りしておきます。こちらもイブキガバメントを産むので、1年早く手に入れておけば良かったです・・・。これからは最優秀生産者も狙っていきたいので、積極的に繁殖牝馬も狙っていこうと思います。

f:id:xx_mar0_xx:20170308115715j:plain

というわけで、ダイタクリーヴァ狙いでのスプリングネヴァーも獲得。

f:id:xx_mar0_xx:20170308120721j:plain

アグネスフライト、アグネスタキオン狙いで、アグネスフローラも押さえました。最近は自家生産でもちょこちょこ重賞レースを勝つ馬が出てきているので、今年はとりあえずこの辺で。

 

ジェニュイン、ホクトベガらが引退

f:id:xx_mar0_xx:20170308121827j:plain

ジェニュインはマイル~中距離で大活躍してくれました。安田記念で唯一の黒星を喫していますが、うまくやれば勝てた内容だと思います。安田記念さえ獲れていればアジアMCも勝鞍になっていたと思うと、なんだか勿体ないですね。

f:id:xx_mar0_xx:20170308122157j:plain

続いてエアダブリンですが、こちらも海外を中心に大活躍してくれました。国内はナリタブライアンに譲るカタチを取りましたが、メチャクチャ活躍してくれたと思います。最後の1年がたぶん春頃に寿命を迎えていたのか全く勝てなくなったので、途中で引退させていれば勝率もここまで下がらなかったはずです。ステージチャンプと活躍の場が被ってしまうのも考えものでした。

f:id:xx_mar0_xx:20170308122616j:plain

こちらも忘れちゃいけない名牝馬ホクトベガです。海外オークス3冠に失敗してからしばらく迷走しましたが、海外G1路線で大活躍してくれました。賞金が高いレースを走らせてあげればもっと稼げたことは間違いないでしょう。

f:id:xx_mar0_xx:20170308123058j:plain

あと悩みましたが、エアグルーヴも引退させます。3冠獲れましたし、1個下にメジロドーベルや強い自家生産馬もいるので、かなり早いですけどまぁ十分かなと。走らせるレースが無いってのもありますし、かなりの良血なので史実馬以外にも期待できるのではないでしょうか。

 

ラムタラを購入

f:id:xx_mar0_xx:20170308124224j:plain

35億円をはたいてラムタラを購入します。

 

来年の布陣

f:id:xx_mar0_xx:20170308125554j:plain

f:id:xx_mar0_xx:20170308125607j:plain

来季はこんな感じの布陣で臨みます。言うまでもなく、メチャクチャ豪華ですね。クラブが芳しくないので、そこそこ走ってくれそうな史実馬を購入してクラブに回すことにしました。

国内3冠はスペシャルウィークで、牝馬は少し厳しいかもしれませんがエリモエクセルで狙ってみましょうかね。エルコンドルパサーとグラスワンダーは海外で。

 

1997年

自家生産がアツイ!

f:id:xx_mar0_xx:20170308141603j:plain

最優秀生産者に一気に近付く史実馬5頭の誕生です。これはテンションが上がりますね。

 

幼駒セール

f:id:xx_mar0_xx:20170308154725j:plain

 

自家生産の無敗牝馬3冠

f:id:xx_mar0_xx:20170308164326j:plain

メジロドーベルを海外に飛ばすという裏工作はしましたが、自家生産馬が牝馬3冠を達成しました。この年の牝馬は弱いのか、かなり安心できる展開で淡々と勝ってくれましたね。肝心のメジロドーベルは皐月賞でサニーブライアンに負け、フランス3冠の1つ目も落とし、オークスにも敗れるという散々な結果に・・・。完全に失敗です。

f:id:xx_mar0_xx:20170308170903j:plain

これまでろくにレースで勝てなかったせいかもしれませんが、一応直接対決でも勝てました。これは少しテンションが上がりましたね。

 

トレセン

f:id:xx_mar0_xx:20170308173014j:plain

  • メイショウドトウ:7億
  • ゴールドティアラ:5億

ゴールドティアラはダートで走ってくれますし、メイショウドトウは「テイエムオペラオーさえいなければ・・・」という悲劇の名馬ですので、個人的には活路を見い出してあげたいという気持ちもあるんですよね。というわけで、とりあえず今回はこの2頭。

 

ダンスインザダークらが引退

f:id:xx_mar0_xx:20170308175112j:plain

危なげなしに3冠を達成後、古馬になっても国内G1の最前線で戦ってくれたダンスインザダークが引退です。宝塚記念ではサクラローレルに負けてしまったものの、文句なしの国内G1を6勝してくれましたし、概ね満足です。キングジョージ&凱旋門では4着でした。

f:id:xx_mar0_xx:20170308175555j:plain

ライブリマウントも引退です。海外であまり芳しい結果が残せませんでしたが、地方選にはめっぽう強い馬でした。他にもダートを走れる馬を多数抱えていたせいで、ちょっと競合してしまった部分はありますが、長きに渡って活躍してくれましたし、こちらも概ね満足です。ドバイは1度出走して3位でした。

f:id:xx_mar0_xx:20170308175835j:plain

意外と大活躍してくれたのが、こちらのステージチャンプです。海外をメインに走らせましたが、文句なしの成績をおさめてくれました。最後の有馬記念でもダンスインザダークに負けての2位でしたので、かなり頑張ってくれたんじゃないかと思います。カドラン賞(芝4000)を2連覇です。

f:id:xx_mar0_xx:20170308180152j:plain

自家生産馬ももう少しやれるそうですが、無敗のまま引退させます。1個下も優秀なのが揃ってますし、こちらは繁殖として期待しましょう。

 

来年の布陣

f:id:xx_mar0_xx:20170308181205j:plain

来年の布陣はこんな感じです。本当はトゥザヴィクトリーとかスティンガーとかの牝馬を買う気マンマンだったんですけど、間違って年を越してしまったため購入できませんでした。・・・すげーへこみましたね。大量に購入する気だったので自家生産馬も売りさばいてましたから、少ないですけどこの布陣でいきたいと思います。

 

最後に

個人的に1番競馬を見ていた時期に差し掛かってきたので、プレイしていて非常に楽しいです。国内の3冠は達成できたので、これからは海外の3冠を積極的に狙っていきたいと思います。

スポンサーリンク