ゲーム攻略を生業としているブログ

光る原人

レビュー

【ホライゾン ゼロ ドーン】『HORIZON ZERO DAWN』序盤をプレイしてみての感想・レビュー【PS4】

更新日:

事前情報など何も知りませんでしたが、すごく期待されているソフトだということで、2017/03/02発売のPS4用ソフト、オープンワールドRPG『HORIZON ZERO DAWN(ホライゾン ゼロドーン)』を購入し、早速プレイしてみました。

グラフィックが綺麗なのはもちろんそうなのですが、オープンワールドがここまでのクオリティに達しているということに対し、驚きを禁じ得ないレベルです。高い戦略性なども再現されているので、多くの人が楽しめる優秀なゲームだと思います。

というわけで今回は、まだプレイして少ししか経っていませんが「HORIZON ZERO DAWNの感想・レビュー」を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス




どんなゲーム?

ハンターになって世界中に点在している遺跡や建造物などを探索し、この世界に関する秘密や謎を解き明かすことを目的としたゲームです。世界はオープンワールドとなっており、どこに進むか、どのような経路で進むかなどが自分の思うがまま操作できるようになっています。

フィールド上には本物の野生動物の他、動物のフォルムをした機械も多く存在しており、それらを狩ったり、時には逃げたりしながら、「なぜこのような機械生物が誕生するに至ったか」についても解き明かしていくことになるようです。

過去のゲームで言えば、トゥームレイダーやファークライに非常に近いような印象を受けました。オープンワールドゲーが好きな人にとっては、間違いなく名作になると思いますよ。

 

プレイしてみての評価

グラフィック◎

最近のゲームじゃ当たり前みたいになってますけど、まぁ普通に綺麗です。木々の揺れる感じから、キャラクターが着ている衣服の質感にいたるまで、とにかくリアルな作りになっていると言っていいでしょう。

遠くの景色は靄がかかったようになっていて、いわゆる「見晴らしの良い景色」というわけではないんですけど、非常に上手く再現されていると思います。プレイしていても不自然さが一切感じられないグラフィックです。

あと、装備品がキャラのグラフィックに反映されるという点もgoodですね。視覚的な楽しみがあるのと無いのとでは雲泥の差だと思います。

 

操作性◎

似たようなゲームを遊んだことがある人であれば、ほぼ直感的にプレイすることができます。ある程度できることに幅があるゲームなので、操作がシンプルだとは言えませんが、今のところはカメラワークなどにも不満はありませんし、非常に操作性の良いTPSゲームだと思いました。

狩りをするための攻撃方法なんかもわかりやすいですし、敵から身を隠す際の操作性に関しても特に不満はありません。慣れるまでの敷居も低く、慣れたら思う存分に遊べる・・・そんなゲームのような気がします。

敵を操って乗ることもできます。この辺は『ウィッチャー3』を思い出しました。移動速度も適度に早くなりますし、乗ってるばかりが良いことではないという部分も好印象です。

 

戦略性◎

「敵の群れに突っ込んでってゴリ押し無双!」なんてこともレベルが高かったらできるのかもわかりませんが、序盤は戦闘は最低限に抑えながら目的を遂行するというのがスマートな方法のようです。

石を投げて敵の注意を引いたり、しゃがんで草むらで息をひそめたりというのは、これまでのゲームでもあったじゃないですか?本作では「敵の行動パターンを予測して動く」ということができるんですけど、これが非常に斬新だと思いました。

敵の行動ルートを予測して罠を仕掛けたり、あるいは戦闘を避けたり・・・。戦略性も高くて、色んな楽しみ方ができるゲームだと思いますね。

 

自分だけの物語

本作では、物語を進めていくうえで随所に選択肢を選ばされる場面があります。子供に石をぶつけられて、それに対しての選択肢が「石を投げ返すor何もしない」などの極端なものだったりもするので、自分の意思が反映されている感みたいなのがあって、すごく楽しいんですよね。

これによって何がどう変わるのかは現時点ではわかりませんが、この先のストーリーなどに影響してくるんだとしたら、すごいことになりますよ。

 

セーブポイントが多い

本作ではキャンプって言うんでしょうか?たき火にてセーブができます。このたき火が世界中のありとあらゆる場所に点在しているので、セーブに事欠きません。これって結構「痒い所に手が届く配慮」だと思うんですよね。

クイックセーブであれば本当に一瞬ですので、ストレスフリーです。オートセーブで変に読み込む回数が増えるよりもよっぽど画期的だと思いました。

 

画面酔いする

私は長時間のゲームプレイも普通にできる方の人間だと思っていますが、TPSでこんなに酔ったのは初めてですね。恐らく「四六時中ゲームをやっていて、ゲーム酔いとは無縁」というレベルの人でもない限り、酔うんじゃないかなぁと思います。

適度に休憩を挟めってことなんでしょうけど、どこで中断していいかわからないくらいゲームが面白いので、そこは注意が必要です。

 

最後に

プレイしていて気が付いたことがあれば、随時追記していきたいと考えていますが、現段階では最高峰のオープンワールドゲームじゃないかと思います。

ゲーム自体のクオリティの高さは計り知れないくらいだと言っても過言ではありませんので、迷うくらいなら購入して遊んでみることをオススメしますよ。

アドセンス




アドセンス




関連コンテンツ



-レビュー

Copyright© 光る原人 , 2017 AllRights Reserved.