光る原人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光る原人

ゲーム攻略を生業とするブログです。

【WP8 2017】1985年産オススメ史実馬【完全攻略】

f:id:xx_mar0_xx:20170325213754j:plain

こちらでは『ウイニングポスト8 2017』の1985年に生まれた産駒のデータを取り扱っていきます。先回りで母親を購入して自家生産したい場合、どのレースで勝てるかなどのデータをまとめますので、よければ参考にしてみてください。

 

 

1985年産駒の所感

兎にも角にもオグリキャップを中心にまわったような気がします。オグリキャップは芝もダートも走れますし、長距離対応ができない部分以外に弱点はないので、手に入れられるなら手に入れた方がいいです。

あとは際立って牝馬のレベルが低いので、下手すると自家生産の方が強いです。銅札が複数あるのなら、有力馬をある程度抑えることで牝馬3冠も演出できるでしょう。

 

金札

オグリキャップ(ダンシングキャップ×ホワイトナルビー)

f:id:xx_mar0_xx:20170326053552j:plain

  • 万能1400~2600m
  • 金殿堂は堅い
  • 何かしらの3冠は堅い
  • 金殿堂は確実

競馬を知らない人でも知ってるくらいのスターホースです。長距離を走れないので国内3冠こそ厳しいですが、マイル3冠や欧州3冠なら十分に狙えるでしょう(もしかしたら米国3冠もいけるかも)。

史実では5歳の年末に引退していますが、恐らく6歳の前半は走れると思います。産駒は走ってないように記憶しているので、史実馬の消失を気にする必要もないかと。

 

スーパークリーク(ノーアテンション×ナイスデイ)

f:id:xx_mar0_xx:20170327051228j:plain

  • 芝1900~3200m
  • セリ購入が可能
  • 金殿堂は確実

金札にも関わらずセリ購入が可能なため、資金が許せば初回プレイでも手に入れることができます(金額的には10億ちょっと)。競争寿命が長いことからもメチャクチャ優秀な1頭ですし、かなり稼げるので元は取れますから多少無理してでも手に入れた方がいいでしょう。

史実の引退は5歳の時ですが、史実馬の消失を気にする必要はないです。他の有力馬を押さえることで国内牡馬3冠は可能ですが、3歳の時は安定しないように思えるので、海外は厳しいかもしれません(未確認)。

 

サッカーボーイ(ディクタス×ダイナサッシュ)

f:id:xx_mar0_xx:20170325232229j:plain

  • 芝1600~2000m
  • 金札回収は難しい
  • 4歳で引退しないとキョウトシチーやツルマルガールなどが消失

かなり走れる馬ですが4歳一杯で寿命を迎えてしまうので、金札の回収は難しいと思います。敵になると手強いため、そういう意味での獲得か、種牡馬としての実績をアテにして購入することになるでしょう。

 

銀札

サクラチヨノオー(マルゼンスキー×サクラセダン)

f:id:xx_mar0_xx:20170326052538j:plain

  • 芝1700~2500m
  • 金殿堂が狙える

同世代も強豪がひしめき合っているので、海外マイル3冠を狙いましたが無理でした。海外の中距離GⅠを狙ってるだけでもGⅠレース10勝は堅いんじゃないかと思います。

史実では4歳で引退していますが、5歳の前半はまだ勝てるでしょう。5歳を走らせるとサクラスーパーオー(皐月賞2着)が消失してしまう可能性がありますが、これについては未確認です。

 

バンブーメモリー(モーニングフローリック×マドンナバンブー)

f:id:xx_mar0_xx:20170326222448j:plain

  • 芝1300~1900m
  • 金殿堂も狙える

本格化してからはわざと強豪とぶつけたりしない限り、ほぼ負けないと思います。GⅠレース10勝も狙えますし、距離的にもスプリント~マイルまで非常に使いやすいです。試したわけではありませんが、欧州マイル3冠は難しいような気がするので、晩成であることを生かして、若年期はしっかりと勝てるレースをこなした方がいいでしょう。

史実では5歳で引退していますが、6歳もフルで走れます。

 

パッシングショット(トウショウボーイ×タカヨシピット)

f:id:xx_mar0_xx:20170326223347j:plain

  • 芝1100~1700m

史実は5歳で引退していますが繁殖入りしてすぐ死んでしまった馬なので、6歳も走らせてOKです。秋口までは普通に走れると思います。

デビューが遅く、条件戦にもかなり苦戦したイメージがありますが、海外スプリントを中心にだいぶ勝ってくれました、私自身が海外GⅢばかりを走らせただけなので、しっかりGⅠレースを走らせていれば、それなりに勝ってくれたでしょう。

 

銅札

シヨノロマン(リードワンダー×シンシラオキ)

f:id:xx_mar0_xx:20170326062121j:plain

  • 芝1400~2600m
  • 上手くやれば牝馬3冠が狙える
  • 金殿堂が狙える

自家生産した架空馬にエリザベス女王杯を取られてしまったために牝馬4冠にはなり損ねましたが、この年の牝馬に目ぼしいのがいないということもあり、結構勝てます。

国内レースで勝ちまくった勢いで海外に進出し、海外遠征を習得すればあとは好き勝手やっても勝てるようになりました。この世代の牝馬では間違いなくトップクラスです。

 

コスモドリーム(ブゼンダイオー×スイートドリーム)f:id:xx_mar0_xx:20170326061529j:plain

  • 芝1900~2500m

上記データは育成に失敗した感がありますが、距離適性が1900mからというのは明らかに使いにくいです。決して悪くはないんですけど決め手に欠ける部分もあるので、あまりオススメできません。

 

最後に

【次の年へ】

スポンサーリンク