チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ

チョコボの不思議なダンジョンエブリバディをプレイしてみた感想・レビュー

投稿日:

2019/03/20発売のPS4&ニンテンドーswitch用ソフト「チョコボの不思議なダンジョンエブリバディ」を丸2日プレイしたので、ここらでプレイしてみた感想・レビューをしていきたいと思います。

本作を購入しようかどうかを悩んでいるという方はぜひ参考にしてみてください。

私にとって不思議のダンジョンシリーズは、PS2用ソフトのトルネコの大冒険3以来で、前作のチョコボの不思議なダンジョン1&2はプレイしていません(SFCの初代トルネコと風来のシレンはやり込みましたが、それ以外の記憶は曖昧)。

スポンサーリンク

アドセンス




チョコボの不思議なダンジョンってどんなゲーム?

これまでに数々のヒット作を生んできた不思議のダンジョンシリーズで主人公がチョコボの物語です。チョコボの不思議なダンジョンは初代と二作目がPS用ソフトとして登場しており、今作は三弾目となります。

入るたびに造形が変わるダンジョンを探検し、アイテムを強化したりレベルを上げたりして、ダンジョンをクリアしていくという内容です。

ダンジョンでは自分が1マス動くと敵も1マス動くというターン制が採用されており、こちらが1ターン動く間に2ターン動く相手がいたり、離れた所から攻撃してくる敵が出たりなどが登場するため、ゴリ押しするというよりは「いかに戦略的に攻略していくか」を重要視したゲームとなっています。

 

プレイしてみた感想・レビュー

難易度ノーマル、4章が終わった時点で書いたレビューです。

「不思議なダンジョンも随分変わったなぁ」という感じ

私の中で不思議なダンジョンと言われれば「初代トルネコ」か「初代シレン」という感じなので、随分と時代の流れを感じさせられました。

率直な感想を言うなら「不思議なダンジョンも随分変わったなぁ」という感じがします。

 

前作未プレイ、FF未プレイでもOK

前作は10年以上前にPS用ソフトとして販売されていますが、今回は「チョコボの不思議なダンジョン2」ではなく「チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ」というタイトルになっているということもあり、全前作をプレイしていないという人でも十分に楽しむことが可能です。

ファイナルファンタジーシリーズに興味がない人で本作に興味があるという人がいるのかどうかは分かりませんが、FF未プレイでも全く問題ありません。

「ファイナルファンタジーというRPGシリーズに出てくる鳥みたいなキャラクターのチョコボってのが主人公のターン制ロールプレイング」という認識でOKです。

 

レベルとジョブの概念

本作は簡単に言うと「住民たちの失われた記憶を取り戻していく」という感じのストーリーになっていて、それぞれの住民の記憶の中がダンジョン化しているという感じです。

その中は「制限なしダンジョン(主にストーリーに関係している部分)」と「制限付きダンジョン(サブストーリー的な感じ)」に分かれていて、前者はアイテムの持ち込みが可能でレベルも上限がありませんが、後者はアイテムの持ち込みが不可だったり、レベルにも上限が設けられているので、レベル上げによるゴリ押しが不可能となっています。

 

私の場合は最初はぬるすぎて「難易度ハードでプレイすれば良かったなぁ…」と軽く後悔していましたが、4章の後半あたりから何度かゲームオーバーになったので、ライトユーザーなら制限有り無しの両方のダンジョンがちゃんと楽しめるゲームバランスになっていると言えるでしょう。

ジョブにも色んな種類があって、遠距離が得意な魔法使いなんかもいれば、FFシリーズお馴染みのすっぴんだったり、竜騎士や赤魔導士などのちょっとカッコイイジョブも用意されていて、ジョブの種類やバディシステム(仲間を連れて行けるシステム)は個人的には大満足でした。

 

やり込み要素◎

ダンジョンの数は割と豊富で、今後アップデートなどを通じて増えていく可能性もありますね。

「今までクリアしたダンジョンを別のジョブでクリアする」などの要素もあって、個人的にはやり込み要素に探求心をくすぐられるという感じがしました。

一歩間違うと作業になってしまうような要素ですが、ジョブによって行動パターンが大きく変化しますし、ダンジョンのカタチも逐一変化しますし…。

なにより「レベルに上限があったり、ジョブレベルを変更できる」という意味で、かなり手応えが感じられるようになっています。

 

プレイしてみて感じた不満点

斜め攻撃がしにくい

斜めに移動する場合はRボタンを押しながらスティックなり十字キーを傾けるなりすれば誤操作はほとんどないのですが、斜め方向を剥いてからアビリティを使用したいとか、斜め方向の床に罠がないかどうかを攻撃の空振りで確認したいという時が少し厄介という印象です。

PS4版だと□ボタンを押しながら十字キーかスティックで方向だけを変える(歩かないので誤操作にはならない)ということが可能にはなっているものの、その方向を向いて十字キーやスティックを戻そうとすると向きが変わってしまうという症状に悩まされています。

他のゲームでは特に気にならないので、少なくともコントローラーが馬鹿になっているというのは考えにくく、このあたりの操作性は割とストレスに感じました。

 

ジョブにそこまで特性がない

ジョブは種類こそ豊富なのですが、正直言って「やれることに共通点がありすぎて、ぶっちゃけすっぴんもナイトもそんなに変わらない」というのが残念な気がします。

さすがに黒魔導士と白魔導士の差は歴然ですが、基本的には「1回転攻撃」とか「2マス先の敵に攻撃」とかそんな感じのスキルばかりで、更にはジョブによるステータスにもそこまで大きな違いがないので、ハッキリ言って何のジョブでも大差ないという感じです。

ジョブの数は豊富なのですが、極端に言うと「物理攻撃系か魔法系か」くらいの感じだと思いました。それを考えると、やり込みの段階で「黒魔導士、赤魔導士、学者」あたりのジョブをこなしていくのは、もしかしたら苦痛を伴う作業になってしまうかも。

 

フリーズが怖い

2日間、ろくに寝ないでプレイしたわけですが、つい先ほど4章の終わりらへんでフリーズに遭遇しました。大きいモルボルにジャンプをかましたところで、音楽は流れ続けているしR2を押せばログが確認できるものの、画面が完全に停止した状態から一向に進まないという状況でした。

そこで泣く泣くアプリケーションを終了したところ、4章の最初の時点まで戻されてしまい、正直に言うと「ちょっと心が折れた」という感じで、とりあえずレビューを書いておこうと思って書いてます。

私がプレイしていた頃の不思議なダンジョンってオートセーブだったんですけど、今作はオートセーブじゃないです。さらに私のように「PS4の電源を切る時もスタンバイ状態にしていてセーブしない」という人だと本当に危険なので、これはマジで注意してください。

 

ゲームトータルの評価

個人的には☆3つという感じです。もともとの金額が安かったという点を考慮すると☆4でもいいんですけど、やっぱフリーズがね…。

フリーズがなければ☆4以上付けますし、ストーリークリア後に面白くなっていくスルメゲーって可能性を考えたら☆5にしたかも分かりませんが、この手のゲームでフリーズは勘弁してほしいですね…。

 

私は初代PS4ですがロード時間の長さやロードの頻度もきになりました。あと寝転がってプレイできるという意味ではswitch版を購入した方が良かったとも思いました(Vitaでプレイしてもいいんだけど…)。

とりあえず私の場合は10時間くらいのプレイがフリーズによって無駄になってしまったので、☆4以上を付けることは現時点ではできません。本当にセーブ大事。

 

最後に

トルネコやシレンの最初の方で遊んでいた私からすると、やれることがたくさん出てきて目移りしてしまうという良い印象もあるのですが、あれこれ考えなきゃいけないことが増えたからと言って面白く感じるというわけではないんだなということも同時に感じました。

もともと不思議なダンジョン自体が非常にクオリティの高いゲームだと思うので、その財産で戦っている感も否めません。

いずれにしてもフリーズさえなければ駄作ではないと思います。私がたまたま1回フリーズに遭ったというだけで、これが頻発に起きないんだとすれば楽しめるはず。

アドセンス




アドセンス




関連コンテンツ



-チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ

Copyright© 光る原人 , 2019 All Rights Reserved.