ニューダンガンロンパV3

【ニューダンガンロンパV3】ネタバレありのプレイ日記part3【PS4】

更新日:

さて、数時間プレイしているにも関わらず、未だに死亡者の1人も出ていません。自由時間で他キャラとの絆を深めるなどの楽しみもありつつ、そろそろ何かが起こるような気がしてきました。

前回の日記では「2日後の夜までに誰かが死なないと、コロシアイに参加している全員が死亡」という煽りを受け、誰かがそろそろ動きそうな雰囲気を残しつつ、1日目の夜が終わったところで終了したんですけど、果たしてどのような展開が待っているのでしょうか。

引き続き『【ニューダンガンロンパV3】ネタバレありのプレイ日記part3【PS4】』のスタートです。

スポンサーリンク

アドセンス




超高校級のピアニストの研究室

夜が明けて「誰かが死んでるっ!」なんて展開こそなかったものの、モノクマが部屋に訪問してきて「研究室がオープンしたよー」と教えてくれました。これで『超高校級のピアニストの研究教室』が使用可能に。

・・・発明家の人とかなら研究室を有効活用できそうですけど、ピアニストがどういう目的で研究室を使うことになるんですかね。きっと驚くべき角度から切り込んでくれることでしょう。今から楽しみです。

 

作戦A

センサー付きカメラ

現時点では自ら殺人を犯すつもりはサラサラないアカマツとサイハラですが、図書室の隠し扉に犯人が来ることを見越した戦略を水面下で進めることにしたようです。

「図書室内に隠れていると見つかってしまうかもしれない」という発想から、カメラを設置することに。そこで、発明家でもあるイルマに協力を求めようという流れになってます。

 

イルマに依頼

すごくキャラが立ってるというか、見た目に反してすごく卑猥な言葉遣いをするというか・・・。

いずれにしても現実だとしたら絶対に友達になりたくないような発明家・イルマの元へ『センサー付きカメラ』の作成依頼をしたところ、返事は速攻でNOでした。

・・・なんか別のゲームになったような気がするんですけど??今まで遊んだきたゲームの中でも、かなり上位クラスで衝撃的なセリフです。

「ずっと、いつまでも永遠に土下座し続けるからっ!」

「すっと」「いつまでも」「永遠に」「永久に」「Forever」・・・最近、それこそ数年前にとあるテレビドラマで「やられたらやり返す」という文化ができて以来、土下座って流行ってるんですか?色んな場面で目にするようになりましたよね。

ちなみに永遠に土下座し続けた甲斐もあって、センサー付きカメラの作成に協力してくれるそうですよ。早速、倉庫に行ってカメラを回収して、イルマの研究室へ向かいたいと思います!

 

倉庫でカメラ&センサーをゲット

これもプレイしていて怖いなーって思ったんですけど、カメラって言われて勝手に『ビデオカメラ』だと思ってたんですよ。

まさか『インスタントカメラ』が出てくるとは・・・。これ最近の若い人って存在知ってるんですかね?

昭和生まれの私からすると、平成以降に生まれた人たちは「PHS」とか「公衆電話」の存在を知らないと思ってるんですよ。最近だとデジカメが随分と普及してきたので、インスタントカメラも怪しいんじゃないかと思ってるんですけど。

・・・まぁいっか!とりあえずセンサーを必要とする意味もわかりましたし、イルマの研究室へと向かいたいと思います。

 

イルマの研究室へ

「研究室は確か中庭にあるプレハブだったよね」的な会話から察していた外観とは大きくかけ離れた建造物がそこにはありました。

プレハブってこんな立派なやつでしたっけ?

まさに予想通りの反応。でも『使い捨てカメラ』は知ってるんですね。

ちなみにこの後「使い捨てカメラだと無理?」的なアカマツの発言に噛みついて一言。

なにこの言い回し。めっちゃ好きなんですけど。

 

自由行動

イルマにカメラの作成を依頼した後は、再び自由時間へ。前回の自由時間と違う点は「やり残しについて釘を刺す表現」があったところです。

さしずめ「BOSS戦の前のセーブポイント」や「戦争が終わったらアイツと結婚するんだ」的なフラグのような雰囲気を醸し出しています。

で、誰と過ごすかについては上記画像の超高校級の保育士・ハルカワにしました。本作がどれだけ凝った作品になっているのかはわからないんですけど、最初に死ぬ人間って決まってると思うんです。

もしかしたら2番目、3番目も決まってるかもしれないし、バタフライエフェクトじゃないですけど「プレイヤーの行動で変わる」のかもしれません。

そこは前作、前々作を知らない私にとっては未知の世界で、でも「どっちかって言うと、現段階で主人公に対しイイ感情を持っていない人物に近付いておきたい」と考えました。学級裁判は多数決になると思うんですけど、反感を買ってる時点で不利な気もしますからね。

で、最初に死ぬような雑魚キャラにも見えない人物(シナリオ的に結構後半まで残るんじゃないかな的な人物)として、ハルカワがいいんじゃないかと。

そして初めて会話における選択肢が発生しました。ここで選んだ選択肢によって仲が良くなる度合いが変わったりするんでしょうか。

ここでは「子供が好きって気持ちだよ!」を選択したんですけど、目に見えてプラスっぽい演出にはなりませんでしたね。

ちなみにこの後もう1度自由行動ができたので、再びハルカワの元へ向かいました。

そしたらまたオリジナルエピソードのようなものが発生して、最後には『絆のカケラ』を入手したんですけど、花びらの数が2/5になってるんですよ。

「絆のカケラ」を獲得した分だけ、そのキャラの情報レベルが上がっていくようです。

もし「全キャラの全情報をオープンにする」というトロフィーがあったとしたら、死ぬ順番がわからないことには難しそうですね。

とりあえず、しばらくはハルカワに専念して、全ての情報をオープンにしてみようと思います。

 

最終日の朝

いよいよ来ました。ここで夜までの間に殺人事件が発生して、犯人捜しの材料なんかを集めつつ、夜には学級裁判って流れになるのではないでしょうか。

カメラを仕掛けるうんぬんで解決するかどうかはさておき、体験版をプレイした限りでは「裁判は非常にアクティブで凝っている」という印象を受けたので、今から非常に楽しみです。

サイハラと合流し、イルマのところへカメラを回収しようと思った矢先、なにやら「食堂でケンカしている」との情報が。

この時点では完全に「秘密結社のボスvsロボ」だと思ったんですけど、すぐ近くに秘密結社のボスが居たので、別の誰かがケンカしているということになります。

ここでカメラの回収はサイハラに任せることになったのですが、早くも不信感に包まれてますよ。「この間にサイハラがなんかしでかすんじゃないか?」とか。かなり面白くなってきました。

ちなみに食堂ではケンカというケンカではなく、ホシが「俺を殺してもいいよ」的なことを言ってるだけでした。

とりあえずこの場は、本当か嘘かは分かりませんがアマミの「ゲームそのものを終わらせる」という言葉を信じ、お開きに。このやり取りは何かの伏線になってそうですけど、現段階では全然わかりません。

 

サイハラの元へ

  • センサーが感知すると、自動的で撮影してくれるカメラが2台
  • センサーが感知すると、受信機のブザーと同時に撮影してくれるカメラ

カメラを手に入れたサイハラと教室で合流するやいなや、「図書室へ向かう階段近くの教室を見張り場にしたい」と言い出したサイハラですが、「その理由を見つけろ」的な流れになりました。

最初、全然見つけられなかったんですけど、△ボタンで観察モードに切り替わるんですね。これだと怪しい部分が光るので分かりやすくなります。

結局、図書室にカメラを3つ仕掛け、図書館へ続く階段手前の教室でリアルタイムに見張ろうという作戦のようですが、果たして上手くいくんでしょうか。

現時点での予想としては「結果的に殺人事件が発生するので、誰もここに訪れないんじゃないか」と思っています。コロシアイが起きなかったら、首謀者がここにある隠し扉の奥へ行くという考えのようですけど、それは難しいんじゃないかと。

そもそも、ここの隠し部屋の奥にモノクマ発生装置があって、制限時間を迎えたらそれでコロシアイ参加者をオシオキするってのも、あくまでサイハラの想像にしかすぎませんし。

 

あとは時間を待つのみ

あとは「誰が地下に行くのかを見張ればいいだけ」という段階で、一気に7人もの登場人物が地下へと向かっていきました。この7人に共通点みたいなものも見当たりませんし、何をしに向かったのか。

さすがに「この7人が作戦会議って名目でカメラの仕掛けに気付かずにオジャンにしてしまった」なんて展開は無いとおもいますけど。

その前後でタイムリミットも1時間を切ります。

ちなみに先ほどの7人は図書室ではなくゲーム室に用があったみたいで、図書室の仕掛けはまだ生きているようです。

そして遂に・・・。

ブザーが鳴ったぁぁぁ!!!!!!

仕掛けたセンサーが反応したため、急いで図書室へ。

図書室へ向かう途中でモモタとチャバシラに遭遇しました。どうやら7人で集まって作戦会議をしていたようです。

・・・もし、アカマツやサイハラの想像通りに「16人の中に首謀者がいる」のであれば、16人全員で作戦会議してたらどうだったんでしょうね。

それじゃ物語として成立しないでしょうから、ホシとかシングウジあたりは声を掛けたところで参加しなかったんでしょうけど、「自分だったらどうするかなぁ」って考えてみます。

自分ならとりあえず「初回特典目当てでの殺人を避けたい」と考えるはずなので、なるべく大人数で固まるかと思いました。まぁ今はとにかく図書室へ急ぎましょう。

 

最後に

思いがけなかった人が最初の犠牲者に。というか、「実は生きてる説」とかありそうじゃないですか?少なくとも「超高校級の〇〇」くらいは明かしてから消えて欲しかった。そして、彼に渡したプレゼントが無駄になったわけですね。なんか泣きたい。

物語はいよいよ急展開を迎えました。あとはこれが16人の中の誰かによる犯行だとすれば、犯人は無条件で生還できるはずなので一気に14人になるわけですけど、果たして誰なんでしょうかね。

少なくともキャラの強いところは今後のためにも離脱させないと思うんで、食堂で言い争ってたホシが怪しいのかなぁ。。。

とりあえず今回はこれまで。次回のプレイ日記もよろしくお願いします。それではっ!

 

【前のプレイ日記】

【ニューダンガンロンパV3】ネタバレありのプレイ日記part2【PS4】

【次のプレイ日記】

【ニューダンガンロンパV3】ネタバレありのプレイ日記part4【PS4】

アドセンス




アドセンス




関連コンテンツ



-ニューダンガンロンパV3

Copyright© 光る原人 , 2018 All Rights Reserved.