WP9

【ウイニングポスト9】1999年産駒おすすめ競走馬データ一覧

更新日:

このページでは『ウイニングポスト9』の1999年に生まれた産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。

おすすめしたい史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など、よければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アドセンス




1999年産駒まとめ

1999年産駒の代表格はGⅠ4勝を挙げたシンボリクリスエスと、日本ダービーを勝ったタニノギムレットですね。

シンボリクリスエスはラストランとなった有馬記念の勝ち方も完ぺきで、その強さは言うまでもないでしょう。

一方でタニノギムレットは、戦績は素晴らしかったのですがケガにより引退を余儀なくされ、繁殖入りしてから1年目でウオッカを輩出しています。

あとヒシミラクルは長距離に強く、金札を消費せずに国内セリで購入できるのでおすすめです。

海外は芝ならハイシャパラル、ダートならメダグリアドーロで決まり。

 

1999年8月1週の国内セリ

 

ヒシミラクル(サッカーボーイ×シュンサクヨシコ)

落札価格:7億円

菊花賞、天皇賞春、宝塚記念を勝っているGⅠ馬。

距離の長いところは強いので長距離レース用としての所有はおすすめですが、贅沢プレイだと走らせるレースがなくなってしまうので、あまりおすすめできません。

難易度ノーマルなら凱旋門賞も狙えます。ただし秋古馬3冠はやや難易度が高いような気がしました(4歳時のシンボリクリスエス、5歳時のゼンノロブロイが鬼門)。

史実では2005年5月がラストラン。

 

イングランディーレ(ホワイトマズル×マリリンモモコ)

落札価格:4億円

天皇賞春を勝ったGⅠ馬で、芝もダートも走れる万能型。

上で紹介したヒシミラクルと似たような感じのローテで回したのですが、こちらは運良く古馬王道制覇が達成できました。しかしこっちは万能適正な分、芝レースに関してはヒシミラクルの方が上だと思うのでお好みでどうぞ。

史実では2006年8月がラストラン。オートにしていると史実通り7歳までいきますが、かなり大事に使っても6歳の頭から劣化が始まるような感じになるので、6歳一杯で引退させるくらいがちょうど良いような気がします。

 

2000年1月2週の海外馬取引

【ウイニングポスト9】2000年1月2週分の海外おすすめ競走馬(1999年産駒)データ一覧

 

2000年12月3週の海外セリ

 

シンボリクリスエス(クリスエス×ティーケイ)

落札価格:7億円

有馬記念と天皇賞秋をそれぞれ2連覇している超一流の競走馬。

3歳時の欧州3冠はやや厳しいという感じがしたので、3冠配合にこだわりたいのであれば仏国3冠か秋古馬3冠狙いがおすすめです。

史実では2003年12月がラストラン。

結構がっつり走らせても劣化が始まるか始まらないかくらいの引退になるので、4歳一杯での引退はやや勿体ないような気もしますが、4歳一杯で引退しないと史実馬が多数消失してしまうので注意してください。

 

ファインモーション(デインヒル×ココット)

落札価格:9億円

秋華賞とエリザベス女王杯を勝っているGⅠ馬。

適正距離が1700m~2300mという嫌がらせをされていること以外は、非常に優秀な牝馬と言っていいでしょう。難易度ノーマルなら牝馬GⅠ完全制覇が可能です(AMC完全制覇は安田記念のアグネスデジタルが鬼門)。

史実では2004年11月がラストラン。普通に走らせていれば4歳後半で劣化が始まっていると思うので、個人的には4歳一杯で引退させても良いような気がします。

 

庭先取引

シビル(ワイルドアゲイン×シャロン)

吉野白老牧場から金札で庭先取引

2009年にジャスタウェイ(GⅠ3勝)を産む

競走馬としては未勝利です。

 

タニノギムレット(ブライアンズタイム×タニノクリスタル)

カンドリ牧場から金札で庭先取引

ULTIMATE金殿堂、欧州牡馬マイル3冠が狙える

2002年のダービー馬。8戦5勝ですべてのレースで3着以内に入っています。故障によって早くにターフを去ってしまいましたが、種牡馬として後のダービー馬であるウオッカを輩出し、史上初の親仔ダービー制覇となりました。

上記データではGⅠが1つ足りずに銀殿堂でしたが、秋古馬3冠を狙わないでコックスプレートとかそっちに進んでいれば問題なくGⅠ8勝以上して金殿堂入りできたと思います。もしくは丁寧にやるかですね。無策で秋古馬3冠に挑むとシンボリクリスエスにボコボコにされるので注意。

史実では2002年5月がラストラン。3歳一杯で引退しないとウオッカなど史実馬が複数消失してしまうので注意してください。

 

ゴールドアリュール(サンデーサイレンス×ニキーヤ)

吉野追分牧場から銀札で庭先取引

ULTIMATE金殿堂が狙える

地方GⅠ含めてGⅠ4勝のダート馬。

全然期待しないで走らせていたら、米国2冠まで行きました(ちなみに3戦目は距離的に未出走)。あとは地方ダート巡りをしつつ、絆を使用できるようにしっかりJCBクラシックを勝たせ、気付いた頃にはGⅠも2桁勝っていたという感じです。

難易度ULTIMATEでドバイワールドCを勝てるだけのポテンシャルがあるなら、BCとかも狙えば良かった…。劣化しまくっている4歳のBCでは5着だったので、3歳でBC、4歳でJCBにしてみても面白かったかも。

史実では2003年6月がラストラン。普通に走らせていれば史実通りの時期に劣化がひどくなってくると思いますが、4歳一杯で引退しないとスマートファルコンやエスポワールシチー等が消失してしまうので注意してください。

 

デュランダル(サンデーサイレンス×サワヤカプリンセス)

吉野安平ファームから銀札で庭先取引

ULTIMATE金殿堂が狙える

マイルCS2つとスプリンターズSを勝ってGⅠ3勝を挙げたマイラー。

スプリントもマイルも戦えるので、適当に距離の合う海外レースを選んでいるだけで金殿堂入りできます。ジ・エベレストを走らせておけば賞金もそこそこ美味しいです。

欧州牡馬マイル3冠を狙いたくなりますが、上記データ時はロックオブジブラルタルが居たので敬遠しました。

史実では2005年11月がラストラン。6歳一杯で引退しないとチョウワブロッサム、フラガラッハ、ジュエルオブナイルが消失してしまうので注意してください。

 

その他の攻略情報

【翌年】

【ウイニングポスト9】2000年産駒おすすめ競走馬データ一覧

 

【前年】

【ウイニングポスト9】1998年産駒おすすめ競走馬データ一覧

アドセンス




アドセンス




関連コンテンツ



-WP9

Copyright© 光る原人 , 2019 All Rights Reserved.