光る原人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光る原人

ゲーム攻略を生業とするブログです。

『Watch Dogs2(ウォッチドッグス2)』が面白かったので感想・レビューを書いていく

f:id:xx_mar0_xx:20161231184944j:plain

(2017/01/06内容追記しました)

 

PS4用ソフト『Watch Dogs2(ウォッチドッグス2)』を全クリしました。最近は大好きなゲームでも「途中休憩」を挟まないと集中力が続かないのですが、ウォッチドッグス2に関しては休みなしのほぼノンストップで駆け抜けました。ハッキリ言ってメチャクチャ面白かったです。

前作の良かった部分はそのままに、確実にパワーアップしてきた出来だと思います。「なにか面白いゲームないの?」という人には、自信をもってオススメしたい作品の1つと言っていいでしょう。やり込み要素もそれなりにありますし、オンラインもかなり面白いです。

今回は、そんなウォッチドッグス2の感想・レビューをネタバレ無しで書いていきたいと思います。

 

 

ハッカーのゲーム

f:id:xx_mar0_xx:20161231191447j:plain

前作をプレイした人なら分かると思いますが「ウォッチドッグスってなに?」という人に向けて、簡単に説明したいと思います。簡単に言うと「ハッカーのゲーム」です。

全体的な雰囲気はグランドセフトオートさながらのオープンワールドを走り回るゲームで、バイクに乗ったり車に乗ったり、銃をぶっ放したりなど様々な楽しめる要素があるのですが、その楽しみの中に「ハッキング」という要素があるのがウォッチドッグスなんですよね。

通行人の通話を傍受したり、他人の口座からお金を引っ張ることもできます。警察から追い回されているときに、信号を切り替えて事故を誘発して逃げるなんてこともお手の物です。とにかくハッキングを駆使して、様々なミッションをこなしていくゲームです。

 

ウォッチドッグス2のここが面白い

映像が綺麗

f:id:xx_mar0_xx:20161231202755j:plain

夜景とか街並みが非常に綺麗で、普通に道路を車で走ってるだけでも楽しいです。そして本作では服が買えるのですが、各種ムービーにて購入した服がしっかり反映するんですよ。これが地味に面白いです。

f:id:xx_mar0_xx:20161231203534j:plain

帽子、メガネ、トップス、ズボン、バッグなど、それぞれのパーツが豊富に用意されているので、組み合わせで考えたら何通りあるのかわからないほどのボリュームなのも嬉しいポイントと言っていいでしょう。とりあえず一言・・・。

メンディーッ!!!

 

便利なスマホ

f:id:xx_mar0_xx:20161231213035j:plain

現実世界さながらのスマホで、ここも「さすがハッカーのゲーム!」と言わざるを得ません。写真を撮ったり音楽を聴いたり・・・しかも聴ける音楽の種類がハンパ無いです。運転しながら音楽をかけたりすると、いつもとは違う雰囲気を楽しめますよ。

また個人的に気に入ったのは「ファストトラベルが便利すぎる」というポイントです。今作では1度も行ったことがないお店にも一気に行くことが可能になっています(某ゲームでは散々長いこと男4人のドライブを強いられたというのに、この差はなんなんだ)

 

警察との追いかけっこ

f:id:xx_mar0_xx:20161231200820j:plain

悪いことをすると警察に追い回されます。通常だと逃げ回るだけで「いかに警察の目を搔い潜って、警察の目の届かない場所まで逃げるか」というのが重要で、こちらから警察に手を出そうもんなら警戒レベルが上がって特殊部隊やら何やらが出てきて終わりです。

しかしこのゲームでは、道路に埋まってるガスパイプを爆発させたり、信号機を切り替えたりすることで、追いかけてくるパトカーを事故に巻き込んで追跡できないようにするという逃げ方ができます。「逃げながら攻める」という不思議な楽しみが味わえるというのが、ひとつの醍醐味です。

 

ハッカーならではのアプローチ

f:id:xx_mar0_xx:20161231204700j:plain

敵の弱みを握るためにデータを盗みに行ったり、サーバーにウイルスを仕掛けたりするために、敵の本拠地に侵入することも少なくないのですが、その潜入方法についてもハッカーらしさが随所に見られます。

遠隔操作で扉を開けたり、センサーを解除したりなど、基本的にはステルス要素が満載で、常に緊張感が付きまとうんです。あとはカメラをハッキングして敵の数を調べたり、カメラ映像から別の部屋のPCに侵入したり・・・。とにかくハッカーらしいアプローチに溢れています。

 

ドローンやラジコン

f:id:xx_mar0_xx:20161231210823j:plain

これは前作には無かった要素で、今作からはラジコンやドローンを使って様々なことができるようになっています。例えば上記画像のように、人間が通れない道をラジコンに行かせたりすることが可能です。ラジコンはダクトの中を通ったりできますし、敵地に放たれている犬から臭いでバレたりしません。

f:id:xx_mar0_xx:20161231212409j:plain

あとは屋上の様子を知るためにドローンを飛ばしたりすることもできます。敵地に侵入した際は階層の違う敵の視線などにも気を付けなければならないので、ドローンやラジコンを駆使して優位に進めることができるでしょう。

 

トロコン達成後の感想(2017/1/6追記)

f:id:xx_mar0_xx:20170106154303j:plain

取得率が現時点で2.1%になっていますが、オンラインと要素が絡んでいる点と発売から約1ヶ月という点を考慮すると割と簡単な部類になると思います。トロフィー収集家の人にもオススメしたい難易度です。

オンラインが完全に過疎ってしまうと取得が難しくなってしまうという難点はありますが、その他で困ることは無いのではないでしょうか。ストーリーも面白いと思いますし、トロコン達成後の感想としても変わらずオススメできるゲームだと思いますよ。

ただしオン要素については、パッチ等で使用を改善していかない限り飽きてしまうのが早いような気もしました。パワーバランスが微妙というか、バウンティーひとつにしても逃げる側の難易度が高すぎるような気もするんですよね。侵入は個人的にドキドキして楽しめましたよ。

 

最後に

中古価格の下がらなさや各販売店におけるレビューを見てもわかるように、メチャクチャ面白いです。グランドセフトオートに非常に近いですが、向こうに比べるとギャング感が少なくなった代わりにハッカー色が強くなったという印象でしょうか。

個人的には、他のゲームを優先させて本タイトルを先送りにしてしまった経緯があるのですが、完全に順番を間違ったと思いました。男4人でドライブしてる暇があったらコッチをプレイしていれば良かったなぁと、心の底から思いましたね。

初代をプレイしていない人も、今作からのプレイで全く問題ありません。気になっているという人は、実際にプレイしてみることを強くオススメします。

【関連記事】

2016年に私が遊んだPS4ゲームを全力でランキングにしてみた - 光る原人

スポンサーリンク