ゲーム攻略を生業としているブログ

光る原人

レビュー

【PS4】巨影都市をプレイしてみた感想・レビュー(ネタバレ無し)

更新日:

2017年10月19日発売のPS4用ソフト「巨影都市」を購入し、早速プレイしてみました。

プレイする前に事前情報などは一切調べておらず、勝手な思い込みでは「昔PS2(だったと思う)で登場した絶体絶命都市のスピンオフ的なやつでしょ?」みたいに思っています。

絶体絶命都市は1と2をプレイしましたが記憶も残っていませんし、なんとなくカメラワークがキツくて理不尽に死んだような思い出が…。まぁいいや。

それでは早速、巨影都市をプレイしてみた感想をレビューしていきたいと思います(ストーリーに関するネタバレはありませんが、スクショ等を載せていますので気になる方はブラウザバックお願いします)。

スポンサーリンク

アドセンス




どんなゲーム?

まだそんなにプレイしていませんが、体感的には特撮×脱出系のゲームのように思います。それこそ絶体絶命都市に特撮要素が加わった感じ。メーカーが言うところのジャンルは「SFサバイバル・アクション・アドベンチャーゲーム」だそうです。

街の中を移動しているとウルトラマンと怪人が戦っていて、歩道橋を渡っている最中に上から敵が降ってきたり、道路を走ってたら路肩の車が爆発したり…。そんな災害から逃げ延びることを目的としたゲームです。

 

グラフィックはイマイチ

主人公は男ならイケメン

主人公は性別と境遇が選べます。境遇は会社員なのか学生なのか。あと2つくらい選択肢があったけど忘れました。恐らく、その選択肢によってデフォの服装が変わるのではないかと。

私は男で会社員を選択したら、V6の岡田准一似のイケメンがスーツ姿で登場しましたよ。…感情移入できねぇ。

 

ヒロインは4パターンから選択

ヒロインは4パターンから選べます。ここも境遇によってパターンが選べて、友達なのか恋人なのか。あとは恐らく片想いか初対面かみたいなことかと。

もしかしたらここで選択することによってグラフィック以外にもイベントが変わることも考えられますが、所見プレイでは好きなキャラを選択していいんじゃないかと思いますね(もし差別化される部分があったら、わかった段階で追記します)。

 

グラフィックはお世辞にもPS4クオリティとは言い難い

伝わりますかね?私のPS4はProじゃないので性能を発揮できていない可能性もありますが、その他のゲームと比べてもグラフィックに対して綺麗という感情はありません

同じコンビニでも龍が如く6の方がずっと綺麗だったし、結構粗いんですよね。ガッツリ比較してみないと確かなことは言えませんが、体感的には「これならまだ龍が如く5(PS3)の方が綺麗だったんじゃないか?」とすら思いました。

 

人の顔はなかなかだけど…

龍が如くの秋山かと思った。こうやって見ると綺麗に見えるんですけどねぇ。多分、表情の作り方とかは綺麗なんですよ。残念なのが髪じゃないかと。

とりあえず建物を始めとするグラフィックに対してリアルさはあまり感じられないので、街を歩いているだけで楽しいという感覚にはなれないと思いました。

スポンサーリンク

アドセンス




アドベンチャー要素

選択肢にとってストーリーが変わる!?

本作には所々で選択肢が出てきます。それによってシナリオが大きく変化するのかどうか、現時点では定かではありませんが、少なくともサブストーリー的な要素には影響を与えるんじゃないかと思います。

その選択肢には「特定の服装でなければ発生しないもの」も確認できたので、色んなパターンを模索する楽しみ方ができそうです。

あとはロッカーなどから物をパクるかどうかという選択肢も出てくるので、もしかしたら「善人」とかの称号がクリア後にあったりして。

 

遊び心も満載

選択肢の中には「そんな選択肢、最初っから入れんじゃねーよ!!」的なものもあります。今のところ、変な選択肢を選んだからと言ってイコール即死というような致命的なものはありませんが、ふざけすぎると何かに影響が出たりするんだろうか…。

ちなみにウルトラマンが戦ってて、踏み潰される危険大の場面で自撮りするというとんでもない選択肢がありましたので、ここは迷わず…。

インスタ映え…するのか!?

 

クリア後のお楽しみ

チャプターが終わるごとに、その回の出来事をまとめた新聞を見ることができます。これがなかなか遊び心に溢れててイイ味を出していますよ。

本作ではコスチュームなどが豊富に用意されているのですが、それにちなんだ情報も掲載されていますし、実際の操作中は逃げることに手一杯でじっくり観察するということは難しいので、こうやって振り返ることができるのは嬉しいです。

 

一応フィールド上に点在する建築物は、全てではないにしろ入ることができるものも用意されていて、コンビニや警察署なんかは中に入ることが出来ました。

そんな中、コンビニのニュースが掲載されていたりするので、ちょっとした遊び心が利いてますね。個人的には、こういうの結構好きです。

スポンサーリンク

アドセンス




操作感

操作感については、私のノーマルPS4だと滅茶苦茶モッサリ!!

言葉を選ばずに言うなら、常時処理落ちみたいな感じですね。Proならマシになるのかもしれませんが、ノーマルPS4の場合は、カクカクするのを覚悟したほうがいいでしょう。

ちなみにソフトはパッケージではなくDL版です。

 

TPS視点

ここはまぁ予想通りというか何というか…。「あー、絶体絶命都市も確かこんな感じの理不尽な死を何度も味わったなぁ」というような操作感です。

まだ慣れていないのもありますし、もしかしたらオプションをイジればいいのかもわかりませんが、右スティックで視点変更できる場面が限られていて、かつ巨大キャラに踏まれたら即死なので、上手く避けて逃げなければなりません。

巨影カメラ中はまだイイとして、通常カメラ時に手前に走るって状況が死ぬほどやりにくいっす。できるなら正面を向きながら走って逃げたいのに、カメラの切り替えが出来ないから正面に車や障害物があるのに気付かないっていうね。これは結構、致命的かも。

 

FPS視点

(この動画は2分程度で見れます)

これは慣れ&個人差だと思いますが、結構酔います。あと目的地がメチャクチャ分かりにくいのと、袋小路でハメられそうな予感を感じますね。

一応、ダッシュして敵の攻擊を避けたり、アクションボタンによる回避が可能ですが、マップ上に点在しているコインなんかがちゃんと獲得できたどうかもわかりにくく、操作はかなりしにくい印象です。

とりあえず行き止まりだと思った場所が目的地ってパターンだけは本当にやめてほしい…。

スポンサーリンク

アドセンス




プレイしていて感じた点

ステージ毎のテンポは◎

ステージごとのテンポは非常に良いです。あまりゲームを遊ぶ時間がない人でも、1ステージだけと割り切って遊ぶのであれば、適度に遊べるのではないかと思います。体感的には、1ステージあたり20分~30分程度ですかね。

次のステージに進むまでのロード時間が結構長い(1分くらい?)ので、思わず遊びすぎてしまう時の抑止力もバッチリです。

 

画面が見にくい

例えば街を移動している時、怪獣たちが戦っているとアスファルトの粉塵が舞うのか、画面が極端に白っぽくなります。これが極端に見にくい!!

動きとかグラフィックとか、他にもリアルにして欲しいところがたくさんある中で、なぜここだけ変にリアルにしたのか。乗り物のステアリングはしにくいし、画面は見えないし、カクカクするし…。ここは大きく不満です。

 

こんな人にオススメ

例えば「幼少の頃、ウルトラマンに憧れていた」という少年時代を過ごした人、もしくは「ゴジラが好きで全シリーズ見ている」という人であれば、面白さにプラスαがあるので、楽しめるのではないかと思いました。

私はウルトラマンを見たことがありません。ただ、ゴジラ&モスラ、エヴァなどの自分が知っているキャラが出てきたときはちょっとテンションが上りましたね。

ゲームとしてはクオリティがかなり低いです。バカゲーが好きだとか、特撮ヒーローが好きだとか。このゲームをプレイするにふさわしい理由がないと後悔するんじゃないかと思います。

 

トロコンした上での感想(2017/10/24追記)

トロコンしました。トロコンはかなり簡単な部類なので、トロフィー厨にはオススメです。

さて、一応繰り返しで3周、部分部分でなんどもやり込むというカタチでしたが、主に面白かった点と悪かった点について書いていくので、購入を検討している人は参考にしてください。

スポンサーリンク

アドセンス




良かった点

  • 世界観が唯一無二
  • やり込み要素がある
  • 主題歌がいい

良かった点は少ないです。Amazonのレビューは想像していたより高かったのに驚きましたが、個人的には結構楽しめました。ゲームというよりも「物語を楽しむ」とか「怪人や怪獣の世界観を楽しむ」などの目的であれば、それなりに楽しめるんじゃないかと。

私の場合は文句を言いながらプレイしていましたが、文句の内容も「ここはこうしてくれれば…」という要望に近く、面白くないというわけではなかったです。エンディングのときなんか、普通に感動しましたけどね。

人にオススメはしないけど、自分ではそこそこ楽しめたゲームです。ただし、フルプライスの価値はないような気がします(色んなキャラが出てくる以上、高くなっちゃうんでしょうけど)。

 

悪かった点

  • カクカクしすぎてゲームとして成立していない場面が多々(特に2周目になると酷い)。
  • 致命的ではないものの、それなりにバグが目立つ。
  • QTEなどの即死要素があり、どちらかというと初見殺しのようなゲーム性なのに、コンテニューのロードが長すぎる。
  • 引継ぎ要素がない。
  • エンディングが1本。
  • 繰り返し遊べる仕様にしたくせにステージ毎に遊べない。

例えば自分でゲームを作ったとして、商品化する前にテストプレイとかすると思うんですけど、これがゲームとして成立すると思って販売したという部分に疑問を感じるレベルです。私のノーマルPS4が原因かと思ったら、友人のPS4でも常時モッサリでしたし…。

一応、やりこみ要素が用意されているんですけど、会話の選択肢選ぶのがメインなので、ステージ毎のプレイができないのはどうかと思いました。

会話の選択肢を選ぶだけですからサウンドノベルみたいなんですけど、「ステージ3のシーン4から始めたい」という時に、限りなく直前のセーブデータを自分で用意してあれこれやらないとダメなんですよね。すごく不親切です。

あと手に入れたアイテムなどが持ち越しプレイできないのもガッカリしました。後半になれば色んな服やアクセサリーが揃うのに、2周目のプレイは真っ新の状態からになります。「2回目はふざけた主人公になりきってプレイしたい!」という人は多いと思うので、これにはガッカリです。最初からちょびヒゲ付けて遊びたかったんですけどね。

 

最後に

不満点が非常に多くなってしまいましたが、私としては楽しめました。曲の流れるタイミングとか結構いいですよ。ストーリーも謎めいたものが徐々に明らかになっていく感じとか、プレイしていてワクワクしました。

ただ、それ以外の部分が粗削り過ぎて、文句を言うプレイヤーの気持ちもメチャクチャわかります。私がAmazonにレビューするなら☆4付けて「人にはオススメしません」って書くかなぁ。。。

もしかするとアプデで引継ぎとか実装されるかもしれませんし、モッサリが改善されればだいぶマシになると思います。私は結構楽しかったです、以上。

アドセンス




アドセンス




関連コンテンツ



-レビュー

Copyright© 光る原人 , 2017 AllRights Reserved.