ゲーム攻略を生業としているブログ

光る原人

WP8 2017

【WP8 2017】1991年産オススメ史実馬【完全攻略】

投稿日:

f:id:xx_mar0_xx:20170329175039j:plain

こちらでは『ウイニングポスト8 2017』の1991年に生まれた産駒のデータを取り扱っていきます。先回りで母親を購入して自家生産したい場合、どのレースで勝てるかなどのデータをまとめますので、よければ参考にしてみてください。

 

 

金札

ナリタブライアン(ブライアンズタイム×パシフィカス)

f:id:xx_mar0_xx:20170330021543j:plain

  • 芝1800~3200m
  • 何かしらの3冠は狙える
  • 金殿堂は堅い

史実での3冠馬で、育成に失敗してもGⅠレース2桁は堅いと思います。万が一、国内牡馬3冠を取り逃がしてしまった場合でも、春古馬3冠or秋古馬3冠が狙えるので、非常にオススメの1馬です。

母パシフィカスから所有している場合は、ビワハヤヒデとの競合も避けられるため、意のままに操れるでしょう。

史実では5歳で引退し、7歳には死亡してしまっています。2世代に渡る産駒がいますが重賞を勝った馬はいないので、史実馬の消失に関して気にする必要はないはずです。

 

サクラローレル(レインボウウェスト×ローラローラ)

f:id:xx_mar0_xx:20170329155658j:plain

  • 芝1800~3200m
  • ナリタブライアンと競合しなければ3冠も可能
  • 金殿堂が狙える

普通に走らせてしまうとナリタブライアンと勝ち負けの展開をすることになってしまうので、両方所有するのがオススメです。それが叶わないなら、どう考えてもナリタブライアンに軍配が上がってしまいます。

上記データではレース選択を誤って2着、3着に沈んでしまうことが多かったのですが、普通に海外レースを選んで走らせてあげればGⅠレース10勝は堅いハズです。

 

ヒシアマゾン(シアトリカル×ケイティーズ)

f:id:xx_mar0_xx:20170329014501j:plain

  • 芝1400~2600m
  • 何かしらの3冠が可能
  • 金殿堂は堅い

とにかく強い牝馬で、3歳中は距離適性さえ合っていれば負けないんじゃないかと思えるくらいの無双ぶりを発揮します。やる気になれば、欧州オークス3冠と国内牝馬3冠の同時達成も可能です。

上記データ時は3歳で走らせすぎたせいか、5歳はヴィクトリアマイルくらいでしか勝てなかったので、いたずらに戦績を悪くしたくない場合は5歳前半で引退することをオススメします。

 

銀札

タイキブリザード(シアトルスルー×ツリーオブノレッジ)

f:id:xx_mar0_xx:20170330022846j:plain

  • 芝1600~2400m
  • 作為でAMC完全制覇も可能
  • 金殿堂は堅い

デビューが遅かったこともあり、重賞を獲るまで時間がかかってしまって3冠レースに参加できませんでした(仏国3冠あたりなら面白そう)。長い距離が走れないのがネックですが、マイル~中距離専門で走らせておけば大活躍してくれるでしょう。

2期上のトロットサンダーとの競合を避ければAMC完全制覇も可能です。長く活躍もできますし、非常にオススメの1頭ですね。史実では6歳で引退していて、1999年産駒のヤマノブリザードが唯一中央競馬での重賞勝ちを記録しているようですが、収録されているかどうかは不明です。

 

ライブリマウント(グリーンマウント×シナノカチドキ)

f:id:xx_mar0_xx:20170329193108j:plain

  • ダート1500~2300m
  • 交流重賞持ち
  • 金殿堂も狙える

上記データではダートを走れる優秀な馬を多数抱えてしまったせいで中途半端になってしまいましたが、本来であればもっと活躍できます。国内GⅠダートレースを走らせていれば、金殿堂入りもできるでしょう。

活躍できる期間は7歳の前半くらいまでです。

 

シンコウキング(フェアリーキング×ローズオブジェリコ)

f:id:xx_mar0_xx:20170330024708j:plain

  • 芝1200~1800m

成長が遅く、3歳戦は条件戦をこなすだけになってしまったこともあり、スプリント~マイルには上にも下にも有力馬が多いため、使い勝手としては非常に悪い印象です。

上記データでは海外すぷりんとGⅠを走らせるのが遅かったので、もっと早くから走らせていれば銀札の回収はできたかもしれませんが、他にあれこれ所有している場合は目立たない1頭になってしまいますし、切り詰めてプレイしている場合も銀札を消費するのはオススメしません。

種牡馬実績は日本ではなくニュージーランドでの実績の方が大きいため、史実馬の消失については気にしなくてもいいでしょう。

 

銅札

ビコーペガサス(ダンジグ×コンデッサ)

f:id:xx_mar0_xx:20170329221648j:plain

  • 芝1000~1500m
  • 銀殿堂は堅く、金殿堂も狙える

短い所に強く、成長型が早め(持続付き?)なので2歳からバリバリ活躍できます。上記データを見ると2着に泣くことが多かったので、上手くやれば金殿堂も狙えると思いました(サクラバクシンオーを優先した影響か?)。

史実では7歳で引退しているようですが、普通に走らせていると6歳の中ごろには競争寿命が尽きてしまうでしょうから、史実よりも早く引退させた方がいいでしょう。

 

エアダブリン(トニービン×ダンシングキイ)

f:id:xx_mar0_xx:20170329180919j:plain

  • 芝2200~3600m
  • 母ダンシングキイを購入して産ませることで、優秀馬が複数手に入る

かなり優秀なステイヤーですが長距離以外にほぼ使い道が無いのと、1期上にステージチャンプ、2期上にアイルトンシンボリがいるので、非常に悩み所です。この馬を単体で使用する場合は優秀な成績を納めると思いますが、他にも色々と抱えている場合はかすみがちになってしまうでしょう。

母ダンシングキイを購入して産ませるのであれば、翌年にダンスパートナー、翌々年にダンスインザムードなどの名馬が一緒に手に入るので、コスパ的にはオススメですね。5歳前半まで活躍できます。

 

海外金札

タバスコキャット(ストームキャット×バーベキューソース)

f:id:xx_mar0_xx:20170329192542j:plain

  • ダート2000~2600m
  • 米国3冠が狙える
  • 金殿堂は確実

海外のダートGⅠを中心に大暴れできます。海外にはダートの中距離GⅠが多いので、網羅するくらいの勢いで走ってくれるでしょう。ドバイもBCも相手によっては軽く勝てますよ。

史実では3歳引退ですが、4歳以降も走ってOKです。

 

最後に

【次の年へ】

【WP8 2017】1992年産オススメ史実馬【完全攻略】 - 光る原人

アドセンス




アドセンス




関連コンテンツ



-WP8 2017

Copyright© 光る原人 , 2017 AllRights Reserved.