ジャッジアイズ レビュー

ジャッジアイズ全クリ後の感想・レビュー|ネタバレなし

投稿日:

2018年12月13日に発売された、キムタクが如くことジャッジアイズ。遂に全クリしました。

ここで「ジャッジアイズを買おうかどうか悩んでいる…」という人に向けて、僕なりにジャッジアイズの良い部分も悪い部分も包み隠さずご紹介したいと思います。

本作はサスペンス要素も強めなので、本記事ではストーリーなどのネタバレはしないように配慮していますので、未プレイの方で購入を検討しているという方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アドセンス




ストーリーについて

まず本作を評価するうえで避けられないストーリー部分ですが、個人的には非常に面白かったです。

龍が如くシリーズのゲームといえば、サブクエやミニゲームなんかも充実していて、いわゆる「寄り道してナンボ」のゲームだと思うんですけど、本作に関しては先の展開が気になって仕方ありませんでした。

 

サスペンスってことで、変に奇をてらって「驚きはあるけど、物語としてどうなの?」って感じでもないし…。

「現実的ではないけど、ドラマじゃできないドラマっぽく仕上げたゲーム」って感じで、こんな感じのゲームがもっと流行っていくんじゃないかなぁという印象すら感じさせられる仕上がりです。

古畑任三郎とか謎解きが好きな人なら絶対にハマると思いますよ。

 

そして当然ですが、龍が如くをこれまでにプレイしてこなかった人でも普通に楽しめます。

もちろん龍が如くをプレイしていた方が「クスッとさせられるような場面」はありますが、未プレイなら特に気にすることもないでしょう。

 

演者さんについて

まずは主人公の木村拓哉さんですが、個人的には完ぺきだったと思います。

Twitterとか見てると「ボソボソしか聞こえない」なんて意見もあったようですけど、個人的には全然あり。完全にこれまでドラマ等で見てきた木村さんです。

あと谷原章介さんは、普通に声優さんのクオリティだと思いました。

 

過去の龍が如くシリーズでは「この俳優さん(女優さん)を起用したのは失敗じゃないか?」と思った例もあるんですけど、今回はかなり出来が良かったように思います。

やっぱキムタク、超かっこいいよ。

 

ゲームシステムについて

バトルに関して

バトル回りに関しては龍が如くとほぼ一緒です。

僕はイージーで初回プレイをしましたが、後半の雑魚敵はゲージ2本分の体力を持っていますし、楽しいのは最初だけで、後半になると作業になるというのは言うまでもありません。

 

そして個人的に改悪だと思ったのが「致命傷」です。

これは敵の必殺技や銃での攻撃などを受けた際に、最大HPが削られるというものなのですが、致命傷を与えてくる敵とバトルをする機会が結構あるというのと、致命傷を回復するには然るべきアイテムを使用するか治療を受ける必要があるという部分に、非常に大きなストレスを感じました。

 

致命傷を回復するには、金銭的に決して安くないアイテムを使用するか、MAP上のある場所にいってお金を払って治療してもらうことになります。

アイテムよりも実際に治療してもらった方が安上がりなのですが、そこに行くのが面倒です。

何回か治療しにいくと「ちょっとくらい高くてもいいからアイテムの方が楽→てかアイテムも少ししか持てないんだし、普通にメニューからお金払って回復させてくれればいいのに→てか、このシステム要る?」という感想を持ちました。

 

それから龍が如く6からだったと記憶していますが、バトル移行がスムーズになったんですよね。

これによってアドベンチャーパートとバトルパートがシームレスになっていて、意識を切り替えることなくゲームが楽しめるというのが1つの売りだったと記憶しています。

 

今作ではフレンドイベントなるものが用意されており、特定の人物と仲良くなると、街でのバトルに参加してくれるという新しい要素が用意されていました。

最初はすごく面白いと思ったのですが、その考えはすぐさま改められることとなります。なぜかというと「そのキャラが戦闘後にいちいち話しかけてくるせいで、時間的なロスがあって全然スムーズじゃない」からです。

 

木村さん扮する主人公のバトルアクションは非常に格好良くて見応えがあるものの、楽しいのは最初だけで、チャプター3くらいにはもう作業になっていたように思います。

個人的にバトルは必要なかったんじゃないか、あるいはイージーの難易度はもう少し下げても良かったんじゃないかとさえ思いますね。

 

舞台が神室町の使いまわし

今作が龍が如くスタジオ作品の初プレイという人がどれだけいるのかはわかりませんが、これまでに龍が如くシリーズを何作かプレイしたことがある人にとっては、非常に見慣れた街並みが舞台です。

 

中には「あの神室町でキムタクを操作できる!うぇーい!」という人もいるかもしれません。

しかし、僕の正直な感想としては「もう神室町いいわ…」って感じです。

 

まぁこれが龍が如くタイトルなら、神室町なしでは話が進まないというのも理解できるのでまだアレなんですけど、さすがに今作でもそれをやられると…。

ちょっとというかだいぶ新鮮味は薄れたんじゃないかと。

 

ミニゲーム類

本作にも数々のミニゲームが用意されています。

個人的にドローンレースはめちゃくちゃ面白くて、これは大成功だったと言えるんじゃないでしょうか。

町中に無造作に落ちているパーツを拾ったり、いろんな場所で設計図を入手してドローンのパーツを作っていくっていうサクセスストーリーにも味がありますし…。

 

もちろん不満点もあります。その1つ目はリズムゲーがなかったこと。

木村拓哉さんが主人公ということで、まずカラオケは厳しいだろうなぁとは思っていました。でもキャバ嬢に合いの手を入れるくらいはいけるだろうと踏んでいただけに、まさかキャバクラまで無いとは…。悪い意味で衝撃的でしたね。

 

キャバクラ的な要素がないなら、せめて木村さんをホストにできるとか…。そういうミニゲームがあっても良さげなもんですけどね。

バーチャファイターとか待ち望んでいる人ってそんなにいる?僕はトロフィーに絡めてこなきゃ多分1回もやらないですよ。

龍が如くは全部プレイしてプラチナトロフィーも取ってきましたが、いまだに「おいちょかぶ/こいこい/花札」のルール、わかりませんもん。

 

トータル評価

僕は寄り道しまくって、トロコンの二歩手前くらいまで遊びましたが、トータルプレイ時間は60時間いかないくらいです(付けっぱなしで寝落ちしたりしたので、実際にはもう少し少ないと思いますが)。

たぶんストーリーだけを追いながら、ちょっと寄り道をするという遊び方で、大体30時間程度のボリュームじゃないかと思います。

 

ストーリーは非常に面白かったので、サスペンス系のドラマや漫画が好きだという人は楽しめると思いますよ。

ぶっちゃけ止め時が分からなくなるほど、夢中になってプレイしました。

 

物語の性質上、何度も繰り返し遊ぶって感じの作品でもないと思うので、金銭面で悩んでいるという方は、サクッとプレイして売るとか、中古で購入するのもありかと。

少なくとも「サスペンスが好き、木村さんが好き&HEROを楽しんで見てた、あれこれ色々遊べるゲームが好き」って人なら、間違いなくおすすめです。

アドセンス




アドセンス




関連コンテンツ



-ジャッジアイズ, レビュー

Copyright© 光る原人 , 2019 All Rights Reserved.