ゲーム攻略を生業としているブログ

光る原人

WP8 2018

【WP8】姫神ノエルの秘書チャレンジ、結婚までの道のり攻略【完全攻略】

投稿日:

このページではPS4版「Wining Post8 2018」に登場する姫神ノエルの攻略情報(秘書チャレンジ、結婚条件)を掲載しています。

情報は現時点での最新版ですが、結婚条件などについては前作の「Wining Post8 2017」と一緒ですので、前作をプレイしている方も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アドセンス




姫神ノエル 秘書チャレンジ攻略

秘書チャレンジ一覧

  • 牝馬で凱旋門賞制覇
  • 牝馬で春古馬3冠制覇
  • 牝馬で秋古馬3冠制覇
  • 牝馬で歴代名馬100選トップ10入り
  • 牝馬でサマースプリントシリーズ優勝
  • 牝馬でサマーマイルシリーズ優勝
  • 牝馬でサマー2000シリーズ優勝
  • 国内牝馬GⅠ全制覇
  • 同一年牝馬で日米英ダービー制覇
  • 同一年年度表彰牝馬3部門制覇(日本)
  • 同一年年度表彰牝馬5部門制覇(米国)
  • 同一年年度表彰牝馬2部門制覇(欧州)

 

姫神ノエル 秘書チャレンジ攻略のワンポイント

基本的には「牝馬で〇〇を達成する」という条件になるので、SH名鑑+お守りボーナスが非常に有効です。

例えば秋古馬3冠はさて置き、春古馬3冠を史実馬でクリアしようと思ったら対象馬が極端に少なくなります(大阪杯の2000mも走れて天皇賞春の3200mも走れる牝馬が1頭も浮かんでこない)。かと言って自家生産しようにも、それができるならこんなブログは見てないわけで…。

そんな時は種付け時にSH名鑑のモントズイッヒェルを使用し、翌年の出産前にお守りボーナスによる産み分けを使って牝馬ステイヤーを生産しましょう。基本的にはこの方法の応用でほとんどの秘書チャレンジをクリアすることができます。

 

同一年牝馬で日米英ダービー制覇

ちょっとだけ面倒だったのがこれ。というのも、意識してないとまず牝馬でダービー(特に米英のやつ)なんか走らせないですからね。

これは架空期間に入ってから挑戦した方が間違いなく楽です。海外に生産拠点を持って、あとは数の暴力で攻めるというのが1番確実ですし、何より史実期間は国内はともかく海外馬の作為がしにくいので。

それでも史実期間にやろうと思ったら、93年あたりがチャンスかもしれないです。エアグルーヴ、ファビラスラフィンにそれぞれ日・英を獲らせて、SH名鑑のウラカーンを使って生産した馬で米ダービーを狙うという感じになると思います(ただグラインドストーンも強いからなぁ…)。

 

同一年年度表彰牝馬5部門制覇(米国)

  • 最優秀2歳牝馬
  • 最優秀3歳牝馬
  • 最優秀4歳以上牝馬
  • 最優秀短距離牝馬
  • 最優秀芝牝馬

個人的に1番難しいというか面倒だと思ったのがこれ。意識しないでもイケると思っていたのですが、意外と1つだけ取りこぼしたりすることが多く、人によってはアッサリ獲れるんでしょうけど運が悪いとずっと獲れずにいることも珍しくなさそうです。

基本的には10月5週に開催されるブリーダーズカップを総ナメにするくらいの気持ちで取り組むことが重要なのですが、1年に1回こっきりのチャレンジで複数のレースを優勝しなきゃいけないって考えたら気が重くなりますよね。なので私が本気で狙いにいったときにとった方法をご紹介します。

  • 基本的に所有している牝馬はアメリカ開催のレースにしか参加しない
  • 1レースに複数頭の出走も辞さない
  • スーパーホース名鑑「ウラカーン」を使用し、3世代連続で牝馬を生産する
  • 10月5週のブリーダーズカップは全総力を挙げて獲りにいく

以上の4つの方法が私が行った方法です。本来であれば勝つ前提でローテを組んでいるので、1レースには1頭、多くても2頭しか出していません。そのため何かの間違いでたまに取りこぼすことも考えられるんですけど、普通にやったら勝てるレベルの馬を2頭同時に出走させたりして、とにかく取りこぼさないように注意しました。

あとは米国のレースは基本的にダートが多いので2歳、3歳、4歳の受賞牝馬はダートホースで狙った方が堅いです。そのためSH名鑑のウラカーンを使って3世代に渡ってダートホースを生産しておけば貰ったも同然ですね。

さらに欲を言えば、この3世代を生産する1つ前の世代でSH名鑑のモントズィッヒェルかアフトクラトラスで牝馬を生産しておき、その馬に芝のレースを勝たせまくれば芝レースの受賞も確実なものになるでしょう。

ここまでやればあとはよほど運に見放されない限りはオール受賞できると思います。唯一、2歳牝馬だけはウラカーンと言えどたまに負けるパターンもあるので、自家生産馬で芝のレースも補完しながらやるのをオススメします(たまに芝のGⅠから選出されるパターンもあったので)。

 

姫神ノエル 結婚への道

  • WP8 2017からの新キャラクター
  • 結婚条件:牝馬でダービー制覇

 

攻略チャート

  1. 1982年5月4週に発生するイベントを見る
  2. いつか牝馬で日本ダービーを勝つと、その翌週にイベントが発生する
  3. 同年8月1週にイベントが発生し、次の目標(もう1度ダービー制覇)へ
  4. いつか所有馬で日本ダービーを勝つと、その翌週にイベントが発生する
  5. 同年6月1周にイベントが発生し、次の目標(最優秀馬主賞受賞)へ
  6. 最優秀馬主賞を受賞した翌年の1月2週に結婚を申し込むことができる

牝馬でダービーを勝って、その後にもう1回難の馬でもいいからダービーを勝って、最優秀馬主賞を獲得すれば条件を満たすことができます。

クリアする方法として思い浮かぶのは「SH名鑑を使う」「強かった牝馬にダービーを走らせ、その妨げになる牡馬を予め押さえておく」「自家生産馬で立ち向かう」という、大きく分けて3通りになるんじゃないでしょうか。

個人的には83年のメジロラモーヌに牝馬3冠を諦めさせてダービーに出走する(当然ながらライバルになりそうな障害は取り除く)というのが1番分かりやすくて早い方法かとは思いますが、以下ではそれよりも早くにエディットを使わずクリアする方法をご紹介します。

 

攻略詳細

【結婚条件の発生】

秘書にノエルを選択し、秘書に就任してから1年目の5月4週に日本ダービーに対する思いのたけを語り始めるイベントが発生。この時期はまだオートスキップはできないので見逃すことは無いと思います。

そしてここから牝馬で日本ダービーを勝つ準備に入るわけですが、最初に手に入れられる4頭の金札いるじゃないですか?予めエディットを使ってダイナカールを最強にしておき、他のミスターシービーとかカツラギエースを弱めておけば簡単に達成することが可能です。

ただ個人的に「リセット&リロードはまだいいけど、エディットは邪道」と勝手に思っているので、ここではエディットを使用せずにギリギリの邪道で攻略していきたいと思います。詳しい方法は下へ。

 

【まずは牝馬でダービーに勝利する】

上記画像は実際に牝馬で日本ダービーを勝った際のスクショになります。あまりオススメはしませんが、ハード以下の難易度で強豪馬をすべて押さえた状態なら1984年での達成が可能です(それ以上の難易度は未確認ですが、たぶんイケるんじゃないかと思います)。

牝馬はダイアナソロン、トウカイローマンの2頭で臨みます。ダイアナソロンは王道の3歳牝馬ローテを与えてオークスとダービーを入れ替えるだけ。トウカイローマンにはフローラステークスあたりを走らせてダービーに向かいましょう。ノーマル以下の難易度であれば特に気にしなくてもいいですが、難易度が高い場合はダービーに至るまでの育成等にも気を遣うようにしてください。

一方で邪魔をさせないために、もちろん牡馬にも手を加えなければなりません。手始めにシンドリルドルフは確実に押さえておいて、ダービーには出走させないようにします。あとはゴールドウェイ、スズマッハ、ニシノライデンあたりでしょうか。他に強豪の牡馬と言えばスズパレード、ビゼンニシキあたりが浮かびますが、その両者にはダービーの距離は長いので逆にあえて出場させるという方法も(スズパレードは距離伸びてたらちょっと怖い)。

とりあえず何とかして牝馬にダービーを勝たせればOKです。

 

【牝馬でダービーに勝利したら…】

ダービーが終わってから1ヶ月後にイベントが発生します。ただしこのイベントに深い意味はなく「そのうちお礼するから待ってて」的な感じです。

そして花火大会のイベントへ。これも特に意味ないです。ただ、オートプレイしまくってると飛ばしてしまう危険があるので注意(注意とは言ってもフラグは立ってると思うので問題ないと言えば問題ない)。

ここで次の目標が発生します。「次にウチの馬が日本ダービーを勝った時」に再度イベントが発生するのですが、ここで言うウチの馬というのは「所有している馬」を指しているので、特に牝馬という縛りも無ければ自家生産しなければならないという意味でもありません。

今回のように1984年に牝馬でのダービー制覇を達成している場合は「1985年以降のダービーで所有している馬が勝てばいい」ということになるので、翌年のミホシンザンが早くもチャンスということになります。

恐らくミホシンザンとスダホークあたりを走らせれば十中八九勝てるんじゃないかと思いますが、万が一失敗しても再び牝馬縛りが復活するということはないので安心しつつ次のダービーを待ちましょう。

さらに言うならダービーに勝ったら勝ったで「今度は最優秀馬主賞を獲れ」と言われるので、来年はダービーはもう勝てるものとして、それ以外の馬で賞金レースに勝ちまくる必要があります。まぁ最初の金札4頭(私は毎回ニホンピロウイナーですが)とシンボリルドルフがいれば問題ないでしょう。この2頭は国内外の賞金が高いレースを勝たせまくってください。

 

【翌年、ダービーに勝利】

ダービーを勝つと翌週にイベントが発生。特に意味もなければ見所もありません。ノエルと一緒にショッピングモールに行くだけですね。

そして次の目標として「最優秀馬主受賞」が挙げられます。序盤だからなのかそこまで難しくありません。

私の場合はニホンピロウイナー&シンドリルドルフに合わせてミホシンザン、スダホーク、サクラユタカオー、シリウスシンボリあたりを賞金が高く勝てそうなレースを走らせていきました。

 

【最優秀馬主賞を獲得】

最優秀馬主賞を受賞した翌年、ようやく結婚できるかと思いきや最後の難関です。通常、年明けの1月1週に「懇意にしている人」として紹介がありますが、ここにノエルの名前は上がりません。間違っても「まじかよー、じゃあもう大原さんでいいや!」というヤケは起こさないように。

翌週の1月2週になるとノエルに結婚を申し込むかどうか聞かれるので、そこで結婚すると答えることでノエルと結婚することができます。

ちなみに能力はこんな感じ。…意外と高いな。仔出し能力にも期待できそうです。

 

他の攻略情報

アドセンス




アドセンス




関連コンテンツ



-WP8 2018

Copyright© 光る原人 , 2018 AllRights Reserved.