WP9

【ウイニングポスト9】2002年1月2週分の海外おすすめ競走馬(2001年産駒)データ一覧

投稿日:

このページでは『ウイニングポスト9』の2001年に生まれた海外の産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。

海外でおすすめの1歳幼駒のデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など、よければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アドセンス




欧州

 

カインド(デインヒル×レインボウレイク)

虹2枚+2億3800万円

フランケル(2008)を産む

この馬の競走馬としての価値ではなく、2008年に産まれるフランケルの価値による虹札扱いです。

フランケルは14戦14勝、GⅠは10勝という規格外の戦績を残しています。

 

ウィジャボード(ケープクロス×セレクションボード)

金5枚+2億1000万円

ULTIMATE金殿堂、何かしらの3冠が狙える

GⅠを7つ獲ったイギリス産の名牝。負けたレースでも2004年の凱旋門賞では3着に入賞していたり、3年連続で出馬したBCフィリー&メアターフは1→2→1という素晴らしい成績を残しています。

上記データでは3歳時に国内牝馬3冠とオークス3冠の両立を達成し、あとは距離の合うレースを適当に選んで走らせました。5歳時のディープ戦や凱旋門賞など「やっぱりな」と思うレース以外での負けはなく、2歳GⅠや桜花賞でダンスインザムードに勝てたのは意外でしたね。

史実では2006年11月がラストラン。2008年の収録産駒はいないので、走る気になれば6歳も走ってOKです。

 

ソヴィエトムーン(サドラーズウェルズ×エヴァルーナ)

金5枚+2億1400万円

2007年にワークフォースを産みます。ワークフォースは凱旋門賞、ダービーステークスを勝ったGⅠ馬です。

 

ミスアンドレッティ(イーティラム×ペキーズビッド)

金5枚+1億4000万円

ULTIMATE金殿堂が狙える

GⅠ5勝のオーストラリア産牝馬スプリンター。

マイルに届かないのが残念ですが、スプリント戦で多く勝てる牝馬です。ジ・エベレストがあるおかげで賞金も増やせるので、おすすめと言えばおすすめ。

ただしダンスインザムードなどでもジ・エベレストは勝てるので、金札を5枚も消費する価値があるかと聞かれたら無いと思います。

史実では2007年12月がラストラン。2009年収録の史実産駒はいないので、7歳も走ってOKです。

 

ヘーゲル(デインヒル×サークルズオブゴールド)

 

米国

 

タピット(プルピット×タップユアヒールズ)

金5枚+7600万円

ULTIMATE殿堂入りが狙える

6戦3勝、GⅠはウッドメモリアルSを勝ったのみという戦績ですが、種牡馬として数々のGⅠ馬を輩出しています。日本の馬で言えば、フェブラリーSやジャパンダートダービーを勝ったテスタマッタが有名です。

では実際に所有するとどうなるかというと、気付いたら引退という形になると思います。上記データでは3歳にデビューし、何とか5月1週の重賞を勝って米国3冠レースの2戦目に出馬するも3着、そして気付いたら引退してました。

史実では2004年9月がラストラン。3歳一杯で引退しないとスターダムバウンド、テスタマッタ、ケアレスジュエルが消失してしまうので注意してください。

 

バードストーン(グラインドストーン×ディアバーディ)

金5枚+1億200万円

ULTIMATE殿堂入りが狙える

9戦5勝、GⅠ3勝のアメリカ産ダート馬。スマーティジョーンズの米国3冠を阻止した馬です。

上記データではデビューがほぼ3歳という状況で、無理やり前倒しして出馬した全日本2歳優駿を落とし、プリークネスSからの参戦でしたが、ベルモントSを何とか勝ったという流れでした。

ダート馬としての競争能力はそれなりに高いものの、史実通りの引退となると厳しいです。

史実では2004年10月がラストラン。3歳一杯で引退しないとマインザットバード、サマーバードが消失してしまうので注意してください。

 

その他の攻略情報

【日本の2001年産駒おすすめ】

【ウイニングポスト9】2001年産駒おすすめ競走馬データ一覧

 

【翌年】

【ウイニングポスト9】2003年1月2週分の海外おすすめ競走馬(2002年産駒)データ一覧

アドセンス




アドセンス




関連コンテンツ



-WP9

Copyright© 光る原人 , 2019 All Rights Reserved.