WP9

【ウイニングポスト9】2020年産駒おすすめ競走馬データ一覧

投稿日:

このページでは『ウイニングポスト9』の2020年に生まれた産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。

おすすめしたい史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など、よければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アドセンス




庭先取引

ミライ(キズナ×トレヴ)

ポカポカファームから金札で庭先取引

ULTIMATE金殿堂、国内牡馬3冠が狙える

ウイポ8 2016から登場したスーパーホース。敵に回すと異常なまでに強い印象があるのですが、自分で所有するとテイクオフと痛み分けという感じ。

上記データでは3歳時に国内3冠と欧州3冠を狙いに行きましたが、欧州3冠は話にならないレベルで無理でした。2年目の凱旋門賞でも2着です。

そして意外だったのが天皇賞春で、距離上限が3000mなのが気になりましたがインスティンクト相手でも意外と勝てました。3冠配合を狙うなら国内3冠が堅いと思いますが、もし取りこぼすようなことがあれば春古馬か秋古馬で狙うといいでしょう。

ガッツリ走らせても4歳一杯では競争寿命を余すと思います。オートにしていると4歳一杯で引退してしまうので注意してください。

 

リバイバルブーム(クワイトファイン×タニノアーバンシー)

鳳凰ファームから銀札で庭先取引

ULTIMATE金殿堂が狙える

ウイポ8 2016から登場したスーパーホース。

素質は非常に高いのですが、国内の3歳戦~古馬戦だと同期のミライに勝てません。上記データでは仏国3冠に挑戦しましたが、ダービーくらいしか獲れませんでした。距離適性の下限が2000mから始まるので、マイルで勝負するのは結構きついかもしれないです。

それでも米国の芝なら適性が合うので、BCターフなどかなり勝ち鞍を稼げました。国内でミライ、米国芝でリバイバルブームという選択も良いでしょう。

オートにしていると4歳一杯で引退してしまうので、競争寿命を残さないように注意してください。

 

オーバチュア(フリオーソ×トゥザレジェンド)

吉野ノーザンファームから銀札で庭先取引

ULTIMATE銅殿堂が狙える

ウイポ8 2016から登場したスーパーホース。

距離は良いのですがダート専用馬で、更に1期上のグルーヴには敵わないので、国内地方GⅠ巡りでも2着に悩まされて銀殿堂にすら手が届かないという感じでした。

海外ダートは試していませんが、グルーヴも海外レースは厳しかったように記憶しているので、個人的には自家生産馬の方がずっと使えるんじゃないかと思っています。

 

エグゼキューション(エクセレブレイション×イモータルヴァース)

シマエナガ(ロードカナロア×スノーフェアリー)

ダンショクドライバ(ゴールデンホーン×オールトゥービューティフル)

エニグマ(シャドウゲイト×ナタゴラ)

マイスターシャーレ(ノヴェリスト×デインドリーム)

タイコンデロガ(ドロッセルマイヤー×ビホルダー)

 

その他の攻略情報

【翌年】

【ウイニングポスト9】2021年産駒おすすめ競走馬データ一覧

 

【前年】

【ウイニングポスト9】2019年産駒おすすめ競走馬データ一覧

アドセンス




アドセンス




関連コンテンツ



-WP9

Copyright© 光る原人 , 2019 All Rights Reserved.