レビュー

北斗が如く体験版をプレイしてみた感想・レビューについて

投稿日:

2018年3月8日に発売予定のPS4用ソフト「北斗が如く」ですが、体験版が配布されていたので、早速プレイしてみました。私としては、龍が如くシリーズはほとんどプレイしてきましたし、北斗の拳も好きなのでまさに願ったり叶ったりのゲームです。

軽くプレイしてみた感じだと特に欠点も見当たらず、北斗ファンなら楽しめるような気がしました。というわけで、北斗が如くをプレイしてみた感想・気付いたことについてレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス




北斗神拳を体験する

グラフィックは良好、モッサリ感も無し

グラフィックはメチャクチャ綺麗です。まぁ綺麗とは言っても、龍が如く6とか極2と同じくらいのクオリティですね。もうこのクオリティに慣れてしまっているので、特別キレイだとは思いませんでしたけど、グラフィックに対する不満は出ないのではないかと思います。

私はノーマルPS4ですが動作のモッサリ感もなく、終始ストレスフリーで遊べました。まぁ出てくる敵の数が数体だったっていうのも関係してるんでしょうかね。北斗の拳って山ほどの敵を相手にするようなイメージがありますけど、戦闘人数に関しては龍が如くみたいな感じです。

 

※追記※大勢の敵を確認しましたが、モッサリにはなりませんでした。

ただしケンシロウは自転車を振り回す訳でも無ければ、金属バットを拾って攻撃するというわけでもなく、無双のように大勢を相手にするような感じでも無いので、大人数のザコにこられるとちょっとストレスかも。

 

バトルシステムは龍が如く+αと思ってOK

基本的な操作やシステムは龍が如くとほとんど一緒だと思って問題ありません。通常攻撃が□で強攻撃が△、ガードやロックオン、スウェイなんかもありながらゲージが貯まるとヒートモード…みたいな感じです。

+αというのは、北斗の拳には欠かせない秘孔です。攻撃中に〇を押すことで秘孔を突くことができ、そこから北斗神拳奥義へと発展します。

これがなかなか上手くできていて、敵が完全フリーの場合は秘孔を突こうと思ってもかわされちゃうんですよ。コンボを叩き込んで自由を奪ったり、ピヨらせたり、相手がビビってる時なら綺麗に入ります。

北斗百裂拳はもちろん、北斗ファンなら歓喜の声を上げそうな必殺の数々に思わずニヤリとしてしまいました。

発動条件はちょっと不明で、ちょっとやってみた感じだとザコ戦はランダムなのかなぁと。ただし、ボス戦に関しては百裂拳一択かもしれません。さすがにシンに岩山両斬波やって顔潰れるのもどうかと思いますし。

体験版ではシンしか出てきませんでしたが、これがアミバ戦とかならまた技が変わる可能性あり。

 

QTEについて

ちょっと懸念されるのがQTEです。最初は楽しくやってますけど、これがずっと続いていった時に飽きが来ないかどうかは正直不安ですね。

まぁ失敗したところで追加ダメージがなくなる程度なので、特に「失敗=死」ってわけじゃありませんからそこまで不安視はしていませんが、慣れてきたら「QTEうぜー」とか言い出すかも。

 

レベルアップした際のスキルについて

レベルアップすると珠が手に入り、それを振り分けることでパワーアップしたりスキルが得られるという仕組みのようです(FF10みたいなやつ)。

ただし上記画像を見てもらったら分かるように、あんまり自由度がなさそうなんですよね。入り組んでてあっち行ったりこっち行ったりってことができなさそうなので、あんまりキャラメイクの幅は無いんじゃないかと思いました。

 

原作に忠実で、北斗ファンは歓喜

あの北斗の名シーンがPS4クオリティで再現されるなんて、北斗ファンからしたらもう嬉しくて仕方がないです。ラオウの昇天シーンとか見たら涙出るかも。

一応、ケンシロウの声優さんは龍が如くでお馴染みの桐生一馬を担当してらっしゃる声優さんなんですけど、結構違和感なく北斗の世界にマッチしているように思います。

残念ながら体験版ではシンしか登場しませんでしたので、ジャギとかトキとかサウザーとかずっげー楽しみです。

スポンサーリンク

アドセンス




ストーリーを体験する

ストーリー=探索

左下のミニマップと言い、雰囲気は完全に龍が如く寄りです。サイドミッションなるものが発動したので、それがいわゆるサブストーリー的な扱いなのかもしれません。

現時点では「ストーリー=探索=龍が如くで言うところのプレミアムアドベンチャー」みたいなものという印象ですね。

ちょっと不満だったのが、左スティックで移動なんですけど歩きなんですよ。走るのに✖ボタンを押しっぱなしにしなきゃいけなくて、軽く設定項目見たんですけどデフォルトを走りにできないっぽいです。

走りでも「もう少し早くていいのに」と思う速度なので、歩くことはほとんど無さそうな気がします。製品版で改善されてるといいけど…。

 

ストーリーの大まかな流れ

  1. 旅をするのに車が必要だ。車はパーツやで部品を揃えれば作れるぞ。
  2. パーツ屋に来たがボディがない。そう言えばバーにいる爺さんが動かない車を持ってたな。
  3. 爺さんが車を譲ってくれるって言ってるけど、タダで貰うのは悪いから何か頼みを聞こう。
  4. バーに来るならず者たちを懲らしめてやるか。

簡単に説明するとこんな感じです。まんま龍が如くのサブストーリーって感じ。

安定のバトル発展。ちなみにストーリーは所々フルボイスではありません。

バトル後はこんな感じで評価もされます。

 

バギーレース

ミニゲーム的な立ち位置で「バギーレース」というものがありました。まぁよくある感じのレースゲームという感じですね。

個人的には「いらねー」って思いましたけど、レース数もそこそこあるっぽいし初級・中級・上級と用意されているので、もしトロフィー条件にオールクリアがあったら萎えそうです。

 

北斗が如く 体験版をプレイしてみての感想・評価・レビュー

龍が如くファンが遊ぶというよりも北斗ファンが遊ぶゲームという感じです。北斗の拳が好きならアリじゃないかと思います。個人的には、敵の体力を削ってからの秘孔→奥義の流れが楽しくて仕方ありませんでした。

サイドミッションなどのやり込み要素もありそうですし、これで万が一トキとかレイを操作できるなんてことになったら、もう感極まってしまいそうです。

ただ、龍が如くは好きだけど北斗の拳にはまったく興味がないって人は、手を出さない方が無難かも。確かに本作を遊んで原作に興味を持つってパターンも無くはないでしょうけど、可能性としては凄く薄いんじゃないかと思います。

北斗の拳が好きな人なら買い。少なくとも北斗無双の一発目よりは遥かに楽しめると思いますよ。

アドセンス




アドセンス




関連コンテンツ



-レビュー

Copyright© 光る原人 , 2018 All Rights Reserved.