RDR2 レビュー

レッドデットリデンプション2をプレイしてみた感想・レビュー

更新日:

2018/10/26発売のRED DEAD REDEMPTION2(レッドデッドリデンプション:以下RDR2)をある程度遊んだので、ここらで簡単にレビューしていきたいと思います。

RDR2を買おうかどうか悩んでいるという人は、良ければ参考にしてみてください。

※僕は国内通常インストール版を購入しました。

スポンサーリンク

アドセンス




面白い点

雰囲気最高!!前作やってなくてもOK

RDR2ってことで、前作があるわけですけど「前作やった方がいい?」って人が出てくると思います。

個人的には「前作をやってた方が楽しめるとは思うけど、別にやらなくても楽しめる」って感じです。

なにしろ僕が「前作を遊んでいるのに、前作の内容を全く覚えていない」っていうレベルで楽しめているので。

ちなみに時系列で言えば「RDR1の10年前の部隊が今作」とかだったような気がします。

いずれにしても前作よりも未来の話ってわけではない分、今作から遊びたいという人に対するハードルは下がっているように思いますね。

 

映像は高水準のレベル

まずグラフィックに関してですが、ハッキリ言って「まぁこれぐらいは無いとね」っていう感じ。

アサシンクリードとかスパイダーマンとか最近もグラフィックが綺麗なゲームは沢山出てるし、ちょっと前のHORIZONなんかと比べてみても、各段キレイという感じはないです。

それでも広大な大地を走り回ってるときの清々しさみたいなものは別格ですね(僕の場合は10時間くらいで飽きたけど)。

 

最初、雪山ステージみたいなところから始まって、雪を掻き分けて進む感じとか、銃の音には少し感動しました。

それでも映像・グラフィックスに関しては「最近のPS4の映像レベルの頂点から1歩下がったところにいる感じ」という印象です。

綺麗か汚いかで言えばもちろん綺麗なんだけど、別にそこまで感動しないってレベルですね。

 

善人プレイ? or 悪人プレイ?

舞台はガンマンとか保安官がはびこっている西部劇っぽい時代で、主人公は善人プレイをするか悪人プレイをするかが選べます。

例えば、自分の仲間に手出しをしてきた人間をとっちめて、最後に逃がすか殺すかを迫られる場面ってのが結構あるんですよね。

そういう部分で「自分が演じたいキャラクターをゲーム内に投影できる」という意味では、すごく楽しめるゲームです。

相手から情報を仕入れる際も、下手に出るのか、それとも高圧的な態度でいくのかによって相手のリアクションも変わりますし、すごく面白いと思いました。

 

まぁ善人プレイとは言っても、ストーリー上どうしても銀行強盗のシーンとかありますけどね。

この辺りはもう完全に海外ドラマとか映画の世界っぽいのが堪能できます。

 

超一流ガンマンになってみた感

ガンマンって聞くと「銃の抜き合いで相手に撃たれるよりも先に相手を撃つシーン」みたいなのあるじゃないですか?その辺もしっかりと再現できます。

しかも相手を殺すなら頭を撃つし、殺す気が無いなら銃を持っている手を撃ったりとか自由自在です。

複数人に囲まれている状況から、スローモーションになって一網打尽にするところとか超カッコイイです。

 

究極のスルメゲー

この辺はGTAなんかもそうなので今更言うことではないと思いますが、できることが多すぎます。

きっちりきっかり遊んでいきたいと考える人なら、この1本で何百時間も遊べるんじゃないかと思えるくらいやれることが多いですね。

釣りをしたり、狩りをしたり…。アイテム収集要素なんかも充実していますし、賞金首を稼いだり、なんなら自分が賞金首になることも可能です。

 

基本お使いなので、自由度が高いって感じはしないんですけど、やり込み要素がハンパ無いスルメゲーであることは間違いないでしょう。

メインストーリーも早く進めたいのに「あの動物狩りてー!」とか「キャンプを発展させてー!」っていうサブ要素が面白すぎて、なかなか先に進めない感じが味わえますよ。

 

イマイチな点

映像が暗め

個人的には「リアルはリアルだけど、ゲームなんだから何もここまでリアルにせんでも…」案件です。

野兎とかイノシシが走り回っている森なんかを夜中に走るとなると、なんも見えないです。

オープンワールドで馬を使った移動が必須なくらい広大なステージなので、馬に乗って走り回るわけですけど、夜中だと何も見えないせいで、気にぶつかって吹っ飛ぶってことが多々あります。

おまけに獣の皮とかを馬に積んでたら、それも吹っ飛んでいってしまうので、いちいち拾うのが面倒。

最初は「「作り込みハンパねー!」ってにんまりしてましたが、10時間以上プレイした今となっては「これ、なんとかならんかね…」って思ってます。

ちなみに明るさ調整でだいぶ数値を上げましたが、そうすると今度は昼が不自然になってしまうので困ってます。

PS4PROで4K大画面TVとかなら変わるのかな?(僕は初期PS4と40型普通のTV)

 

操作性が悪い

例えば上記の画像を見てください。コマンドに「調べる/眠る/座る/ベッド」ってあるじゃないですか?

でもこれ、右にちょっとだけ進むと、テーブルの上の写真立てを見る選択肢しか出なくなっちゃうんです。

 

自室では寝たりすることができるので、夜中の行動が面倒だって場合は朝まで寝てから行動を開始しようと思うんですけど、寝る時は寝る時で、ベッドの近い位置(正しい位置)にいかないと選択肢が出てくれないってのが結構ストレスかもしれません。

他に選べる選択肢がないような場面ではそこまでストレスじゃないものの、自室とか「色んな選択肢があるような場面で、正しいコマンドを選択できる位置にキャラを動かす」っていうのが結構難しいですね。

 

例えば、銃撃戦をしまくって死体の山を築くじゃないですか?

身ぐるみ剥ごうと思って近付いてって、死体が1つならいいんですけど、何体かまとまってたりすると身ぐるみを剥ぐときに「お前じゃねぇ!!」ってなります。

結果、身ぐるみを剥ぐのが面倒になります。

 

武器が勝手に外れる

戦闘に使用できる重火器は合計4つ装備できます。

そのうちの2つはピストルやリボルバーなどの、いわゆる少人数相手&近距離戦用の武器で、残りの2つはライフルなどの遠距離用やリピーターなどのバランス用、そしてショットガンなどの効果力装備です。

 

前者の2つはずっと装備しているのですが、後者の2つは勝手に外れてしまうんですよね。

これはあえてそうしたのか、それとも今後対策されていくのか…。

 

最初は気にならなかったんですけど、ストーリーが進んでいくと主人公の善悪の属性に関わらず、敵対する組織から襲われます。

後半になればなるほど、大人数のギャングに命を狙われるわけですが、十数名のギャング相手にはリピーターやショットガンで戦いたいんですよ。

近くに馬がいれば出し入れ可能なんですけど、ギャングに襲われたときは馬が逃げてしまうので、かなり丸腰に近い状態での戦いを強いられます。

 

後半になると「遠距離武器で攻撃してくる敵&でっかい包丁みたいなので接近戦をしてくる敵」なんかが大人数で襲ってくるので、割と厳しめです。

まぁリアル志向という意味では「そんな大人数に1人で勝てるわけないんだから逃げろ」って話なんだろうけど、なんだかなぁ…という感じがしました。

狩りをしてて弓が勝手に装備から外れてしまうのも軽くストレスです。

 

最後に

個人的にはRDR2は買って正解と思えるゲームでした。

2日間遊び倒していますが、まだチャプター4であちこち寄り道をしてしまっているという感じです。

この先、フォールアウトとか面白そうなゲームがまだまだ出ますけど、ぶっちゃけ「これ1本を年内でしゃぶり尽くせるかどうかも不安」というくらい、ボリュームと楽しみのあるゲームだと思います。

悩むくらいなら買いましょう。

created by Rinker
ロックスター・ゲームス
¥6,800 (2018/11/18 11:19:13時点 Amazon調べ-詳細)

アドセンス




アドセンス




関連コンテンツ



-RDR2, レビュー

Copyright© 光る原人 , 2018 All Rights Reserved.